2020.11.23

「好きじゃない……」告白を断る時の傷つけない理由って?

女性の方で悩むことがあるのが、告白された時の対応じゃないでしょうか。

特に好きではない男性に告白された時なんかは困ってしまいますよね。
人にも相談し辛い時があるので、難しい問題です。

そこで今回は、「男性の好意を上手に断る方法」をご紹介いたします。

できるだけ、お互いが傷つかない断り方を記載しているので、是非、ご参考いただければ幸いです。
 
女性の社会進出も進み、女性もバリバリ働けるようになってきました。

そこで、仕事を理由に相手の好意を断ることもしやすくなっています。
仕事を理由として持ち出せば、相手もそのまま納得しやすいのでおすすめです。

「来年までに資格を何個も取らないといけなくて・・・」などと付け加えると、さらに納得してもらいやすくなります。

忙しいアピールをして、相手の男性に付け入る隙を全く与えないようにしましょう。
 
恋愛に興味がないと伝えてみるとよいでしょう。

今の世の中では、多様な価値観が認められるようになっています。
なので、上手く理由付けに利用していきましょう。

理由付けとしては、さらにご自身のしている仕事や趣味の熱意をきちんとアピールすれば、相手を納得させられます。

それくらいに、恋愛をしている余裕はないということをアピールすると、相手も引き下がってくれるでしょう。
 
「男性自身にトラウマがある」と伝えれば、大きな理由づけになります。
相手の男性が触れられないと思うほどのインパクトを与えてあげましょう。

そうすれば、相手の男性も自然に去っていくでしょう。
他にも男性が触れづらいと思える理由が思いついたら、ぜひ実践してみましょう。
 
世の中の男性は結婚願望ありきで女性に近づいてくる方もいます。
そこで、好きになれない男性には「結婚願望がない」と伝えて見るのはいかがでしょうか。

女性自身に結婚願望がないと分かれば、進展が望めないと男性側は考えるので理由付けとして使えます。

「付き合っても先がない」というイメージを与えて、相手の興味を削ぐように心掛けるといいですよ。
 
好きではない男性に告白されると辛いものです。断るのも精神的に疲れるでしょう。
そこで、今回ご紹介した方法を実践してみてください。

できるだけ、お互いダメージが残らないような断り方ばかりなのでおすすめです。

少しでも手軽に相手の男性の好意を断りたい時には、是非活用してみてください。たちまち男性たちは身を引いていくでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事