2020.11.24

あなたは大丈夫?【お食事マナーのチェックリスト♡】

大好きな彼氏との食事デート!
当日の服装は?ネイルは?!と外見ばかり気にしがちです。
しかし、それよりも大事事があります。
それは…...食事のマナーです。

あなたの食事マナーは大丈夫ですか?
どんなにお洒落な格好で、外見がバッチリでも
食事をするときにマナー違反の行動ばかりしてしまうと、
彼氏はあなたに幻滅してしまいます……。

それだけは避けたいところです。

そんなあなたに、食事をするとき、ついやってしまいがちなマナー違反の行動を3つ紹介します。
ぜひ参考にしてください!

・手皿を使わない
・食べ終えた皿は重ねない
・ワインを注いでもらう時はグラスを持たない

それでは詳しく説明いたします。
手皿とは、利き手ではない手で皿を作り、
箸の下に添えて口に運ぶ事です。
ついやっている方も多いのではないでしょうか?
一見上品な食べ方に見えますが、実はこれはマナー違反!

なぜなら、手が汚れてしまうからです。
手が汚れるのはお行儀が悪いとされています!
溢れそうな食べ物は皿ごと口の近くまで運ぶのが正解です。
食べ終えた皿を重ねると、一見店員さんが持って行きやすいようにしている、
すなわち「気遣いが出来る!」とプラスな印象を受けがちですが、

実はこれもマナー違反です!

汚れた皿を重ねると、綺麗な面にも汚れがついてしまったり、
皿が欠けてしまう恐れがあるからです。

なので、食事が終わったら皿はそのままにしておくのが正解です。

ワインを注いでもらう時どうしても日本特有の「お酌」を想像してしまい、
ついグラスを持ってしまいますが
それはマナー違反です!

グラスを持ったほうが丁寧に感じますが、
それはワイン以外のお酒の時だけにしましょう。
ワインを注いでもらう時は、テーブルにグラスを置き、そのまま待つのが正解です。

高級なレストランで、ワインを頼んだ時
あなたがグラスをうっかり持ってしまうと、
とても恥ずかしい思いをしてしまいますよ。
マナーなんて守れてるから大丈夫!
と変な自信を持っていませんか?
確かに、食べ物を口に入れたまま喋らない。
などといったマナーは小さい頃から教えられているから、大丈夫でしょう。

しかし、手皿をしてはいけない、
皿を重ねてはいけない、などといったマナーや
なによりワイングラスのマナーなんて小さい頃から教えられていませんよね?
意外と親切心でやってしまう事がマナー違反になる事もあるのです。

大人になってのマナー違反はとても恥ずかしいものです。
ですが、逆に皆がやってしまいがちなマナー違反をしない事で、彼氏は
「あなたはちゃんと食事のマナーを守っている!」
と、彼女としての印象は急上昇間違いなしです!

ぜひ参考にして、素敵な食事の時間を過ごしてください!

(ハウコレ編集部)

関連記事