2020.11.27

いまの、ダウトです。男性が【嘘をつくとき】に見せる仕草って?

ウソかどうかを見極めることができたら……と皆さんおそらく思ったことがあるはず。

実は、男性がウソをついた時のサインは意外と単純なので、見極めも簡単だったりします。

そこで今回は、男性がウソをついた時にみせる仕草についてふれていきたいと思います。
ウソを見分けるのはなんだか難しそう……と思われがちですが、実は男性がウソをついた時に見せる仕草は意外と単純で分かりやすいものです。

一般的によく聞くのは、目の動きといった顔に注目するという見極め法ですが、

実は顔ではなく手の動きひとつでウソをついているかどうかを見極めることができるのです。
男性が嘘をつくと、顔のパーツの中でも鼻や口を触る仕草が増えると言われています。

今ですと、コロナ感染予防でマスクをつけていますが、マスクを触る仕草が増えるのも嘘をついている証拠!

なぜ口や鼻を触るのかというと、自分がウソをついている口そのものを見られたくないという心理からこの仕草が増えるようです。
さらに、このほかにも様々な嘘の見極め方がありますが、嘘をつくと鼻周辺の体温が周りの体温に比べて上昇するということも証明されています。

こちらに関しては、見極めることは困難ですが、予備知識として抑えておいても良いかもしれませんね。

また、そのほかにわかりやすい仕草であれば、足が必要以上に動いていたり、それを抑えようとあえて足を組むこともあるそうです。

意外と人間ウソはつけない生き物なんですね......。

冒頭で、目の動きに関する話を持ち出しましたが、表情でウソは見極められるのでしょうか。

答えは、YESです。手の動きほどあからさまな変化は起きないものの、視線が泳いだり、顔が変に引きつっているのもウソサインの一つ。

ですが、どれも見極めるのが難しいため、ウソを見極める際には手の動きに着目してみましょう。
ヒトというのは、自分では意識できない無意識の領域が存在し、ウソをつけていると思っていてもそれが仕草として出てしまっています。

その仕草は様々ですが、今回は中でも分かりやすい手の動きについてご紹介しました。

彼がウソをついていないかどうか、手の動きに注目しながら見極めてみてはいかがでしょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事