2020.11.25

【もしかして重いのかも…?】男性を困らせてしまう女性のチェックリスト

恋愛には不安がつきものです。好きであるからこそ失うことが怖くなるのです。

しかし、その怖さと上手に向き合わないと、男性から「重いオンナ」と見られてしまうので注意が必要です。

今回は、その危険を回避すべく「男性が嫌う、重いオンナの正体」について解説します。
女子たちの中には、「彼のことを大切にすること=彼のことを全て把握すること」と考えている人たちがいます。しかし、それは勘違いです。

彼氏も一人の人間であり、心のテリトリーを持っています。
そこに土足で踏み込むことは彼女であってもNGです。

もし彼のことを本当に大切にしたいのであれば、彼の心のテリトリーをリスペクトしてあげましょう。

不安に思うこともあるかもしれませんが、あなたが彼に信頼を示せば、彼もあなたに心をオープンにしてくれるはずです。

彼の全てを把握したいという気持ちは封印して、彼に対する信頼を示しましょう。
把握魔と似ていますが、連絡しまくってしまう連絡魔の女性も、男性から「重いオンナ」に認定されてしまいます。

彼もあなたのことが好きなはずですから、あなたと連絡を取りたいとは思っていることでしょう。

しかし彼にも仕事やあなたと一緒に過ごすこと以外のプライベートがあります。
ですから頻繁にあなたから連絡が届くと、それに応えきれないと感じるのです。

また、人間関係は一方通行では渋滞が生じてしまいます。

あなたが一方的に連絡するばかりで彼を疲れさせてしまっては、彼があなたに話す機会を遮ることになってしまうのです。

もどかしくても、彼からの連絡を待つべきときがあることを覚えておきましょう。
愛情が姿を変えると「束縛」に変わります。しかし、性質は愛情とは全く異なるものです。束縛は相手に対する不信感を示すことになってしまうからです。

「仕事と私、どっちが大事なのよ!」「何ですぐにLINEが既読にならないのよ!」「何で飲み会の席に女子がいたのよ!」などなど、自分がいない場での彼氏の行動に敏感になる女子も多いはず。

でも、同じことをあなたが彼氏からされたらどう思いますか?やっぱり重たく感じるはずですし、「そんな相手には気を許してはいけない」といつでも緊張してしまうのではないでしょうか。

束縛は百害あって一利なしであることを忘れないでくださいね。

恋愛に必要なのは我慢です。これができない女性も男性から重いオンナに認定されてしまいます。

付き合っているとはいえ、彼はあなたとは全く別の人間であることを忘れてはいけません。

それなのに、自分が我慢できないことがあると、強引に彼の家に押し掛けたり、職場に電話してみたり......など、冷静さを欠いた行動をとってしまうことがあります。

これは愛情ではなく、単なる暴走です。この姿をみた男性は、あなたに対する愛情を一気に失うことになるでしょう。

ですからこのような行動は、絶対に避けてくださいね。
彼氏から好きになってもらうことは難しいことです。でも、まずは嫌われない努力を払うと、効果的に恋愛上手の女子になることができます。

ですから今回の4項目を忘れずに、男性にとって一緒にいてリラックスできる女子になりましょう!
(ハウコレ編集部)

関連記事