2020.11.26

これやったらモテた♡ モテ度をあげる【愛されキャラ】のコツとは?

愛されキャラになれたら、人生が楽しくなりそうだと思いませんか?愛されキャラの人を見ていると、「人間関係に悩むことがなさそう……」「恋愛はいつも成功しそう……」と感じるものです。

実際に、愛されキャラの人は、どんな場所に行ってもモテることが多いでしょう。見た目がそんなに可愛くなくても可愛く見えるという最強さも持っています。

今回は、自分のモテ度を高めるためにも、愛されキャラの特徴を掴みましょう。愛されキャラに少しでも近づいてください。
不機嫌そうにしている人は、距離を置かれてしまうため愛されキャラにはなれません。どんなときも笑顔でいることを意識してください。

笑顔には、「優しそう」「かわいい」「キラキラしている」などのプラスのイメージがどんどん出てくるというパワーがあります。なぜか「この子のためならなんでもしてあげたい♡」と思わせることもできるでしょう。

自分の都合でイライラすることがあったとしても、人と接するときは必ず笑顔でいるようにしてください。
なんでも「自分でできます!」という人は、「手を貸したら怒られそう……」「なんか怖い……」という印象を与えがちです。そのため、相手が「手伝おうか?」と声をかけたくなるような空気を出してください。

たとえば、自分から「少しだけこれ持ってて!」とお願いしてみたり、「〇〇について分かる?」などの質問をしてみたりと、可愛く相手に頼ってみましょう。

あまりに頼りすぎると「ウザい」と思われる可能性もあるため、程よく甘えるのがポイントです。
冗談が通じない人と話していると緊張感が走るものです。どこで怒らせるか分からないため、そのうち会話もしたくなくなるでしょう。

愛されキャラになるには、冗談を冗談で受けとめて笑いにできるようにしてください。冗談が通じる人の周りには、人が集まってきていつの間にか愛されキャラになれることが多いでしょう。

細かいことは気にしないようにすると、冗談が通じるタイプになれるため、自分を鍛えましょう。
外などで出会うと「話しかけたい!」「絡みたい!」と思わせるような親しみやすさを身につけてください。たとえば、遠くからでも手を振ってみたり、笑顔で近づいたりすると相手は受け入れてくれると思って親しみを持ってくれます。

親しみやすさはオーラになるため、身につけたら愛されキャラになることができるでしょう。

初対面の人からも「きっといい人だ!」と思われるような親しみやすさを持つことが大事です。
愛されキャラではない人が愛されキャラになるのは大変です。もしかしたら、いままでの自分を思いっきり変える必要があるでしょう。しかし、愛されキャラになれたら自然とモテてきます。いままでのモテない自分を捨ててモテる人生を歩みましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事