2020.11.22

ずっと一緒にいたい!彼氏を【好きすぎる】と危険って本当なの?

彼氏のことを好きすぎると、周りから「それ危険だよ。」「好きすぎるのも問題あるよ。」と言われることがありませんか?

自分的には、好きすぎるぐらいの人に出会うなんて幸せなことだと感じるものですよね。しかし、あまりに好きすぎると危険があるのは確かです。

彼氏を好きになりすぎる危険性とそれに対する対処法についてご紹介します。
彼氏を好きすぎることでまず出てくる危険性は、依存です。「彼が好き!彼の言うことなら何でも聞く!」「彼と一秒でも一緒にいたい!」という気持ちからどんどん依存するようになるでしょう。

彼に依存することで、ちょっと喧嘩したり、彼が友達と遊びに行ったりしただけで不安になります。そして、あなたが依存することで、あなたの世界や彼の世界を狭くしてしまうのです。

そうならないためにも、好きすぎても自立してください。彼の自由と自分の自由を尊重する付き合いをしましょう。
優先順位が彼氏になるため、何においても彼の予定を重視するようになる危険性もあります。例えば、友達から遊びに誘われても「その日は彼と会うかもしれないから、彼と会わなかったら遊ぼう!」と平気で答えてしまうでしょう。

友達からすると、「なにそれ。こっちが先に誘ってるのに。」と思うため気分が悪くなりますね。そして、「もう誘わないから安心してね!」という気持ちにもなるのです。気付いたら彼以外から相手にされなくなったなんてこともありますよ。

彼のことが好きすぎても、スケジュールの調整は上手にとってください。友達のことも大事にして、たまには彼を置いて友達と遊びましょう。
あなたが好きすぎる気持ちを彼も喜んでくれます。しかし、あまりに彼ばかりに集中した生活を送っていると、彼はだんだんとあなたのことが重くなってくるでしょう。

仕事していてもあなたから連絡がくる、友達といても連絡がくる、一緒にいないとあなたのメンタルが落ち着かないとなると、さすがに彼も面倒を見切れなくなります。

自分の気持ちや態度が負担になっていないか考えてください。彼のことが好きなら追いかけすぎないことを意識した付き合いをしましょう。

彼を好きすぎることで不安になり、彼を疑うようになるという危険性もあります。ちょっとしたことで彼を疑っては喧嘩に発展することもあるでしょう。

あなたは「気持ちを分かってほしいだけ!」と主張するでしょうが、彼は「それが無理。」と思ってしまいます。このままでは好きすぎるのに破局する可能性もありますよ。

ここまで好きになる気持ちはプラスに使いましょう。好きだから彼を信じる方向に気持ちを持てば、嫉妬や疑いに狂うことはないはずです。
好きすぎる彼氏と付き合ったときは、理性を保って自分らしさも保ってください。元々、彼と一緒にいなくても生きていけたのですから、依存しなくても大丈夫です。好きな気持ちを大事にしつつ、彼のことも尊重してくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事