2020.12.02

「本当の愛」って?【本気で人を愛したとき】の心情を教えます!

今までそれなりに彼氏はいたものの、本気で愛していたかと言われたら分からなくなる事もあるでしょう。恋愛ドラマや恋愛映画を見ていると、より「こんなに人を好きになれるの?」という疑問も出てくるものです。

しかし、「本当に人を愛するってどういうこと?」「本当に人を愛してみたい……。」と思うこともあるはずです。

実は、本当に人を愛したとき、本気で愛していないときと比べて心がまるで違うものになります。今回は、本当に人を愛したらどんな気持ちが持てるのかについて紹介します。
自分が相手を好きか不安定なときは、自分の幸せを中心に考えるものです。しかし、本気で好きな相手には「私が幸せにしたい。」「自分の幸せより相手の幸せが気になる……。」と思うようになるでしょう。

明らかに優先順位の1位が相手になり、自分が何かを求めるよりも相手に居心地の良さを提供したくなったり、相手に楽しいと思ってほしいと感じたりするようになります。

とにかく、相手の気持ちが大事で、相手の存在が大事になって仕方がなくなるでしょう。
自分の悪いところを今までは「これも個性だから。」「私を分かってくれないならそれまで。」などのように考えていた人もいるでしょう。

しかし、本気で人を好きになったら「自分の悪いところを改善したい!」「相手のためにもっと輝きたい!」と思うようになります。

自分の意地を張っていた性格が柔らかくなるのを感じることでしょう。
これは、自分と付き合うことで相手が悪く言われないようにしたいという気持ちのことを言います。例えば、「彼女が束縛がすごいからあいつは遊びに誘いにくい」と思われるよりも「あいつの彼女は物分かりがいい!」と思われるほうがいいですよね。

本当に人を愛すると、良い意味で、彼の周りの評価を気にするようになるでしょう。そして、彼の評価を下げないように、彼にとっての素敵な彼女として振る舞うことができるようになります。
本当に人を愛すると、彼のどんなところも許せるようになります。本当に愛していない人なら、「ここが嫌。」「こういうところが理解できない。思い出しただけでもイライラする。」などの気持ちが出てくることもあるでしょう。

しかし、本当に愛した人のことなら全てが愛しくて全てを許せるのです。むしろ、許せないと思う気持ちが湧いてこないことに気付くでしょう。
本当の愛を知るというのは、幸福を得ることと同じです。本気で愛することができる人と恋愛をして、かけがえのない気持ちを手に入れましょう。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事