2020.12.01

ちょっとまって...気になる人には好きな人が!彼を【振り向かせる】方法って?

気になる人がいても、その人が違う人を見ていると心がキュっと痛むことでしょう。「脈なしだから諦めようかな…」と思っても、どうしても気になってしまうこともあるはずです。

一方で、「気になる人に好きな人がいてもアタックしていいのでは?」と前向きな気持ちが出てくることもあるでしょう。恋愛をすると不安定になるのは普通のことです。

どうにか相手を振り向かせて幸せになるにはどうしたらいいのでしょうか?
気になる人に好きな人がいたとしても、遠慮しすぎてはいけません。あなたも気になる人のことが好きな気持ちを持っているため、頑張れるところは頑張るべきです。

つい「どうせ話しかけても意味ない……」などの気持ちが出てきますが、遠慮しすぎていると何のチャンスも広がりません。

明るく話しかけたり、挨拶したりと自分の存在を相手に気付かせてください。相手が心変わりすることもあるのです。
気になる人が好きな人に頑張っている姿を見ると落ち込むでしょう。しかし、だからといって「邪魔してやろう……」「あの子の悪いところを吹き込んでやろう……」と思う気持ちは持ってはいけません。

相手に遠慮しすぎないのは大事ですが、邪魔をしないことも大事です。心がザワつくでしょうが、嫌な自分にならないようにしましょう。

相手にとっても印象が悪くなるため、今後、恋愛対象に入ることさえできなくなります。健気に応援したほうが相手は心が動く可能性があります。
相手に好きな人がいるのは知っていても、ダメ元でアピールしてみてください。告白はしないまでも、デートに誘ってみたり、2人きりで会話をしてみたりと行動に移すといいでしょう。

相手の気持ちは変わらない可能性もありますが、アピールすることで「この子はいい子だな。」と思わせることができます。

そこから、相手に気付いたら好きな人よりもあなたのほうが気になるようになったという状態に持っていかせることも可能でしょう。ダメ元のアピールなので、ダメでも落ち込まずにいられますよね。
気になる人に好きな人がいても、いつかは振り向かせたいと思うならば思い続けるのも作戦の1つです。長い期間、一途な気持ちを持って思い続けていれば、気になる人の心を動かすこともできるでしょう。

一度告白してみて、振られたとしても、また時間をあけて告白するなどの行動はとってください。

長年の片思いを実らせたという人は多いため、諦めずに思い続けて、あなたが相手の好きな人になるのを待ちましょう。
気になる人に好きな人がいると、何もしていなくても振られた気分になるでしょう。しかし、好きな人がいようともアピールするのは自由です。自分なりに頑張って好きな人を振り向かせましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事