2020.12.01

やめたい...!【好きな人に冷たくしちゃう】を今すぐ改善する方法って?

好きな人と両想いになりたい、好きな人と同じ時間を楽しみたいと思いながらも、なぜか冷たくしてしまうことがありませんか?それも、好きな人にだけ冷たくしてしまうために誤解を生んでしまうなんてこともあるでしょう。

本心では、「仲良くなりたいのに……」と思っているため、後悔してしまいますよね。ただ、後悔するのに、次会ったときまた冷たくしてしまうこともあるでしょう。

今回は、好きな人に冷たくなってしまう自分を改善する方法について紹介します。
冷たくするときは、目をわざとそらすことが多くないですか?人から目をそらされると、「嫌われているのかな?」とあなたも不安になってしまうはずです。

好きな人に安心してもらうためにも、わざと目を合わせて微笑んだり、話しかけたりしてください。最初は緊張しますが、「勇気だして目を合わせてよかった」という結果になることが多いのでおすすめです。

目を合わせるだけでも、冷たさは軽減され、親しみやすさが増えますよ!
恥ずかしい気持ちやドキドキする気持ちが高まりすぎると、つい冷たくなるのがオチです。そのため、自分の恥ずかしいと思う気持ちに鈍感になってください。

とはいえ、自分の気持ちなので自分で気付いてしまうものです。そんなときは、「冷静に……」と思うだけで変われます。

ドキドキしている鼓動を意識するとさらに態度が固くなるので注意してください。全然違うことを考えて気持ちをそらすのもおすすめです。
どうしても好きな人に冷たくなるときは、一人で絡まないようにしましょう。一人で絡むと緊張が高まってより冷たい態度になってしまいます。

友達や同僚など、気軽に一緒に絡める人と好きな人に接してください。友達や同僚がクッションになってくれるため、いつも通りの自分でいられる可能性が高くなります。

友達や同僚に好きな人のことを話すと意識してしまうため、できれば何も知らない人と絡んだほうが気が楽になるのでおすすめです。
好きな人に冷たくするのは、あなたの中でその人が特別だからです。そのため、冷たいというのも周りと差をつける特別感を与えていることになります。

ただ、冷たさはマイナスの特別感になることが多いでしょう。好きな人には、優しさや楽しさなどのプラスの特別感を与えるべきです。

冷たさよりも優しさを意識して行動しませんか?つい冷たくなるときに「優しさが大事!」と思い出してください。思い出すだけで自分の態度を改めることができますよ。
好きなのに冷たくすると、自分が悲しくなったり泣きたくなったりしますよね。好きな人のことで気持ちを満たすためにも、冷たさを排除して距離を縮めましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事