2020.12.02

もう悩まなくていい?!男性が【返信せずにはいられないLINE】を伝授!

片思い中の人や、まだカップルに発展していない人、彼氏がいながらもLINEの返信がこないと悩んでいる方はたくさんいます。

どんなLINEだと男性は返事せずにいられなくなるのでしょうか?
コツがあったらぜひとも知りたいですよね。

LINEのメッセージで悩んでいる人必見!
今回は、返信されやすいメッセージのコツを紹介しますので、参考にしてみてください。
まだカップルになってない男女であれば、相手の様子を伺いながらLINEメッセージを送るでしょう。時にはよそよそしくなったり、一生懸命気持ちを伝えようと長文になる場合もあります。

しかし、男性の中には長文のメッセージを苦手とする方もいるんです。

まず気を付けて欲しいのが、読みやすい短文にまとめることです。
一度にたくさんの内容を詰め込むのではなく、彼から返事があってから次の文章を伝える方が無難です。
彼の趣味やハマっていることがあるなら、それに関する新しい情報を短文で送ってみるのはいかがでしょうか。

もしかしたら彼もすでに知っているかもしれませんが、あなたが興味持っていることが嬉しいはず!
たとえば彼氏がサッカー好きであれば、「昨日〇〇大活躍だったね。」などと送ってみるのです。

事前に勉強しておく必要はありますが、好きな話題だったら彼だって返信せずにはいられないはず!本気で返信が欲しいなら、彼の好きなことやハマっていることを事前にリサーチしておきましょう。
彼の体調や仕事のことなど、心配を文章で表すのもおすすめです。たとえば最近仕事が忙しい彼であれば、「最近忙しそうだけど大丈夫?」などと簡単な文章で送ってみましょう。

返信に大事なのは質問形で送ること!心配されているとわかったら、何かしらの意思表示をしてくれるでしょう。

短文で「大丈夫」とだけ返ってくる可能性もありますが、少なくとも返信はしてくれるはっずです。そこからどう広げるかはあなたの腕次第になります。
たとえば彼が好きなアーティストのライブや好きな食べ物など、プレゼントで釣るのも1つの手です。「〇〇のライブチケット手に入ったから渡したいんだけど」と言ったら、返信せずにいられなくなります。

若干手間とお金がかかってしまいますが、彼の返信は期待できます。
一番最後に紹介するのは「体調不良だと言う」です。

こちらに関しては、あまりいい手段ではないので、どうしても返信がもらえない時の最終手段として取っておきましょう。

この際も短文が基本です。「体調悪くて動けない……。」といった文章で送れば、心配で返信せずにはいられません。たとえ忙しくても一言ぐらいは返事してくれるでしょう。
LINEの返事が欲しいなら、極力短文のメッセージにまとめ、相手の興味を引くことが大事です。特におすすめは彼の好きな話題を振ること。

事前にリサーチして勉強しておく必要がありますが、効果テキメンですよ。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事