2020.12.02

無理しないことが大事♡!みんな「生理中のデート」ってどうしてる?

女性なら誰もが月に一度一週間程度の生理期間を過ごすことになります。個人差の大きい生理中の体調は男性が理解するのも難しく、また女性も変化のある生理期間中はなにかと過ごしにくさを感じます。

生理痛などの痛みもそうですが、ホルモンバランスによって気分の浮き沈みが激しかったり、情緒も不安定になってしまうことから、予定を入れないという女性も多くいます。しかしデートの予定が入っているとき、どんな風に対処したらいいのでしょうか?
変更できる予定であれば、変更をした方が良いでしょう。彼にも生理で体調が悪いことを伝え日にちを変更してもらいましょう。

生理の際必ず体調が悪くなる人は、生理期間は大事な予定をなるべく入れないようにするのがいいかもしれません。しかし生理が不定期な場合もありますから、彼に生理に対する理解を深めてもらうのが必要です。
生理痛で動けないといった場合でなければ、予定はそのままにしてゆったりとしたデートプランに変更しましょう。アクティブなデートは避け、映画やお家デートに切り替えると身体にも優しく過ごせます。

生理中は貧血を起こしやすいので、長く歩くことも避けた方が無難です。
生理中は何かと不調があります。お腹や腰が痛かったり、気分が上がらずにブルーになったり。「生理中だからそういったことがあるよ」とあらかじめ彼に伝えておくことで、あなたの不調を気遣い、そういった行動にも理解をしてくれるはずです。

生理だと伝えることに抵抗がある女性も多く、不調を我慢してしまう場合もあるそうですが、生理は仕方のない身体の仕組みです。無理をせず、彼にも理解をしてもらうことが大切ですよ。

生理中の体調はその日その時になってみなければ分かりません。当日体調に問題なければそのままデートをしてもいいですね。しかし念のため、痛み止めを持ったりと準備は欠かさずに。
個人差のある生理期間中は自分でその体調をきちんと見極めることが大切です。ホルモンのバランスにより感情の起伏も激しく、そんなはずじゃないのに彼と喧嘩してしまう可能性もあるかもしれません。

そんな意味も含めて彼に生理であることを伝えるのは重要です。彼にもきちんと理解してもらった上で、デートを楽しむことができるといいですね。
(ハウコレ編集部)

関連記事