2020.12.01

ラブは突然に……「友達」から「好きな人」に変わる瞬間って?

みなさんの周りにも、友達から恋人になったカップルはいませんか?
恋愛をしていると「ずっと友達だったけど、いつから好きに変わったんだろう」と感じる瞬間もありますよね。
今回は、「友達」から「好きな人」に変わる瞬間4つをご紹介していきます!
今まで友達として一緒に過ごしてきたけど「ふと居心地の良さを感じたとき」に恋愛対象として意識することがあります。
気を遣わず自然体でいられる相手や、無理に背伸びしなくても自然体で居られる相手は、一緒にいて居心地がよいですよね。
反対に、デートでいつも緊張していたら息が詰まってしまうかも。
自然体で居られるところに魅力を感じ、恋愛対象になるという恋愛もあるようです。
お互いに相談をしあっていたことがきっかけで、友達よりも恋人として意識するようになったというケースもあります。
お互い相談し合っていると、相手の感じていることや心の中に触れる場面が増えるでしょう。
そして、「自分がこの人を支えたい」そう思ったときに恋愛に発展することがあるようです。
いままで友達として見ていても、ふとしたときに女性らしいギャップを見ると、ドキッとする男性は多いようです。
私服が可愛らしかったり、何かに一生懸命に取り組んでいたりする姿を見て、恋愛に発展するパターンもあるでしょう。
何か困っているときに親身に話を聞いてくれたり、助けられたりした瞬間に好きになってしまうパターンです。
いざというときに「頼れる人だな」と感じることで、恋人にしたいと思うのかもしれませんね。
普通の友達だったのに、あることがきっかけで恋愛に発展するなんてパターンは意外にも多くあるようです。
まずは「心が落ち着くから、ずっと一緒に居たい」と彼に感じてもらうことが、恋愛につながるポイントなのかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連記事