2020.12.05

愛され上手な女性の話の聞き方とは?

愛され上手な女性は、人の話を聞くのが上手だという特徴を持っています。コミュニケーション能力が高い人は、人の心に魅力を覚えさせることができるのでしょう。

しかし、ただ話を聞けばいいというものではありません。愛され上手な人には、愛される話の聞き方をしているという特徴があります。

「私も上手な話しの聞き方をマスターして愛されたい!」という人に向けて、愛され上手な女性の話の聞き方について紹介します。
相手が話した内容に対して、「うん。」「そうだね。」と返事をするだけではなく、「うん。私も今聞いて〇〇だと思ったよ!」「そういう考え方いいね!」などのようにしっかりと共感しましょう。

話をしてきた人は、共感されると心が満たされます。「分かってくれるんだ……」「話してよかった……」と相手に思わせることが大事ですね。

相手の話を良く聞いて、共感できると思ったところがあれば必ず共感しているということを伝えてください。
例えば、相手が「昨日〇〇に行ったときに食べたパスタが美味しかったよ!」と言ったら「昨日〇〇に行ったんだ!」などのように相手の言ったことを繰り返すのです。

自分の話を繰り返してくれると、「ちゃんと話を聞いてくれている」という安心感や、「自分の話に興味を持ってくれている!」という嬉しさが湧いてくるものです。

愛され上手な人は、相手の話を深く聞きながら言葉にして聞いている証拠を残しているのですね。
どこか違うところを見て「うん、うん」と言われても、「全く話を聞いていないな…...」というのが相手に分かってしまいます。そういう人に対しては「もう話す気もない...…」という気持ちが出てしまうでしょう。

愛され上手な女性は、必ず相手の目を見て「うん、うん」と相槌をうっています。そして、相手の話が終わるまで、適度に相槌をうち、いいところで自分の意見を挟みます。

目を見て話を聞いているからこそ、自分の意見を言うタイミングも自然と分かるのでしょう。

相手が嬉しい話をしているときは、笑顔になったり喜んだ顔をしたりと表情に感情を出すのが愛され上手な女性の話の聞き方です。

相手が悲しそうにしていたり悩みを話したりするときは、困った表情や悲しい表情をしています。感情を表情に出すことで、相手が「共感してくれている…...」というのを感じます。

表情豊かな人は、元々モテるタイプです。話を聞くときの態度にも表情をプラスさせて相手の気持ちを鷲掴みしているようですね。
適当に話を聞く人よりも、ちゃんと聞いてくれる人のほうがあなたも魅力的だと思いませんか?愛され上手になりたいなら、話の聞き方を意識して聞き上手になってくださいね。(ハウコレ編集部)

関連記事