2020.12.04

意識しちゃう…男友達が【恋愛対象】に変わる瞬間って?

 
男女の友情があると考えていたのに、男友達に対していつの間にか恋愛感情を抱いていたことがある方もいるのではないでしょうか。どこで気持ちの変化があったのか自分でも分からないまま、意識してしまうこともあるようです。 
 
女性が男友達に対して意識してしまう瞬間はどのような時なのでしょうか。今回は、男友達が恋愛対象に変わった瞬間をご紹介していきます。自覚していなかった方も同じような経験があるのではないでしょうか。 
 
友達として仲が良い状況を築いているのであれば、良い所はすでに知られているからこそ友達になっているのでしょう。友達には、仲良いままでいてほしいため、自分の悪い所をなるべく見せないようにしている方が多くいます。 
 
仲が良い男友達に自分のダメなところを見られると、不安になります。男友達が良い所だけではなく、自分のダメなところもきちんと受け入れてくれると、「安心感」が自然と出るようです。 
 
「安心感」から「恋愛感情」が生まれるのはすごく自然なことです。自分の全部を受け入れてくれる男友達は、これから出会う男性よりも自分の事を知っているので、付き合っても仲良く長続きすることでしょう。 
 
仲が良い男友達とであれば、学校のイベントごとや職場の仕事、一緒に資格を取得することするかもしれません。一緒に目標を立ててクリアした時に、「気が付いたら好きになっていた」ということもあるようです。 
 
一緒に何かをすると、強固な絆が生まれることや、一緒にいるという時点で徐々に男友達に対する感情は変わっていくはずです。 
 
友達からパートナーになったと感じた時、意識する方もいるようです。いてもいい友達から、いなかったら寂しい存在に変わった瞬間が、男友達に恋愛感情を抱いた瞬間のようです。 
 
女性は誰かに相談したい時が多くあります。相談した時に親身になって話を聞いてくれると、「頼りがいがある」「信頼できる」と感じるようです。その感情は恋人に求める感情と一緒です。 
 
頭では否定していても、一度感じてしまうと、自分の気持ちは止められなくなるので、意識すればするほど男友達の事を考えてしまうようです。 
 

仲が良い男友達と一緒に居たら、「お似合いだね」などとからかってくる人が一人は周りにいるはずです。周りから言われて意識し出すこともあるようです。 
 
「二人はお似合い」と評価されてしまうと、「そうなのかも」と考えてしまい、考えていくうちにどんどん意識してしまっているということもあります。 
 
考えている最中で、「無理無理」などと感じると、本当に付き合えないということなので、否定から入ることが無ければ、付き合っても長続きするかもしれません。 
 
今回は、男友達を「恋愛対象」としてみることになった瞬間をご紹介しました。自分から気付くこともあれば、周囲に言われて気付くこともあります。 
 
男友達になれているということは、一緒にいて楽な存在ということにもなるので、付き合ってみると相性バッチリということもあるようです。一度男友達の事を恋愛対象としてみることが出来るのか確認してみると良いかもしれません。 
(ハウコレ編集部)

関連記事