雨の日にしかできない

2020.12.08

雨の日にしかできない!男性を【キュンとさせる】行動って?

 
晴れの日と違って雨の日は憂鬱な感情になる方も多いですが、雨の日だからこそしかできない男性へのアピールもあります。1年を通して雨の日は晴れの日よりも少ないので、少ないチャンスを活かして男性にアピールしてみてはいかがでしょうか。 
 
雨の日は、気持ちも落ち込んでやる気が出ない方も多くいるようです。そんな時に女性から雨の日にしかできない「気遣い」をされたら、意識するようになったという意見もあります。今回は「雨の日に男性をキュンとさせる気遣い」についてご紹介していきます。 
 
雨に濡れると、当然ですが身体も冷え込み風邪をひいてしまうかもしれません。雨に濡れた部分をハンカチなどで拭いてあげる「気遣い」をすると、男性は一気に意識してしまうようです。 
 
濡れたところを拭いて風邪をひかないようにしてあげる「気遣い」という大きい理由もあり、その時に、ボディタッチも出来てさらに男性を意識させるというテクニックでもあります。ボディタッチをされると、男性はどうしてもドキッとしてしまうようです。 
 
例え雨の日に対して準備万端だったとしても、どうしても濡れてしまう部分は出てくるので、チャンスを見逃さないようにしましょう。男性の体に触れるのはあくまでハンカチなどを持っている所だけで、他は触れないようにした方が良い場合もあります。 
 
傘を忘れてしまって、びしゃびしゃに濡れている男性に「使ってください」と笑顔でタオルなどを貸してあげると、男性の心はキュンとしてしまうようです。タオルなどを持っているとい女子力も同時に評価させることが出来ます。 
 
可愛らしいタオルやハンカチを渡してあげると、「こんなに可愛いタオルで相手を気遣うことが出来る」と内面のきれいさもアピールすることが出来るようです。 
 
また女性が普段使っているタオルなので、それだけで男性はドキドキしてしまい、またタオルからの良い香りにも、女性らしさを感じてキュンとしてしまいます。 
 
男性が傘を忘れてしまった時に、すっと自分の予備の傘を貸してくれる女性にも「用意はいい」「女子力高い」と高評価につながります。小さな気遣いや、用意周到な様子を見ると、「良い奥さんになりそう」と感じて意識することもあるようです。 
 
いつでも男性にアピールできるように、予備の傘はもっておくと良いかもしれません。周りにも折り畳みの傘を常に持ち歩いてる女性がいるはずなので、負けないように準備しておきましょう。 
 
雨の日の重大イベントとしてド定番であり、一番男性のことをキュンと意識させるのは、「一緒の傘に入れてあげる」事です。物理的にも二人の距離が縮まり、一緒に知れてくれる優しさや、男性への気遣いにドキドキしてしまうようです。 
 
恋愛ドラマなどでもよくある光景ですが、よくあるからこそ、一番男性のことを意識させる方法なのかもしれません。 
 
今回は、雨の日に男性をキュンとさせる方法についてご紹介しました。雨の日は予報から分かりますが、通り雨などもあります。いつでも男性に対してアピールできるように準備をしっかりしておきましょう。 
(ハウコレ編集部)

関連記事