2020.12.07

もうガマンできない!【長年の片思い】を伝えるいい方法って?

長い長い片思いをしていると、「そろそろこの恋にも終止符を打とう……。」「しっかりと想いを告げよう……。」という気持ちになる瞬間があるでしょう。

「私も幸せになりたい……。」「違う恋愛をしたほうがいいのかな?」という想いも頭をよぎりますよね。しかし、長年の片思いをしてきたのなら、その気持ちは伝えないともったいないですよ。

ただ、長年片思いをしただけあって想いの伝え方が分からなくもなるでしょう。そこで、どうやって伝えたらいいのかについてご紹介しますね!
片思いの相手を呼び出したり、デートに誘ったりして二人きりで会う空間を持ちましょう。長年の片思いは、並大抵な想いではありません。二人きりになるぐらいのことはやってのける必要があります。

そして、自分の気持ちを相手の顔を見てしっかりと伝えてください。LINEで伝えたり、電話で伝えたりでは、あなたが育ててきた想いが届きません。

必ず会って伝え、今までの自分の気持ちを全部ぶつけるべきです。そうしないと、結果がどうなったとしてもあなたが後悔してしまいます。自分が後悔しない方法を選ぶのが一番ですよね。
長年片思いしてきたことは伝えましょう。これは、告白する上で、あなたの一番の武器になります。相手からしても、「そんなに想ってくれたんだ……。」と感動する要素になりますよ。

ただ「ずっと好きでした……。」ではなく、「〇年前に出会って、〇〇したときに好きになりました。」と具体的に伝えたほうが伝わりやすいですね。

一途な想いを伝えると「この人とならいいカップルになれるかもしれない……。」と相手の気持ちを動かすこともできる可能性がありますよ。
長年片思いをしていたということは、長年その恋が実っていないということにもなります。思いを伝えようと思っても、「振られたらどうしよう……。」と今更考えるとまた伝えられないですよね。

そのため、「今までだって片思いだったんだから、振られるはず!」と覚悟して伝えたほうが腹をくくることができるでしょう。

覚悟を持って告白する姿は、すがすがしくてかっこいいものです。そのかっこよさを見せつけると想いが届くかもしれないですよ!
長年の思いを伝えるとなると、それだけ気持ちがこみあがってきますよね。涙が出てしまいそうにもなるでしょう。しかし、泣いてしまうと上手に話すことができず、伝えたいことが伝えられなくなるのでガマンしてください。

泣きそうなのをガマンして伝える姿は、相手を胸キュンさせる要素にもなります。長年の片思いの集大成と思って笑顔を忘れずに想いを届けてください。

答えはどっちだったとしても、健気なあなたの姿は相手の心に響くでしょう。
長年の片思いを伝えるときは、あなたの一生懸命さが大事になります。恥ずかしくても緊張しても、最後まで伝えましょう。あなたが長年好きだった人なので、あなたの話をきちんと聞いてくれますよ。
(ハウコレ編集部)

関連記事