2020.12.07

これって【脈アリ?ナシ?】見極め方をご紹介しちゃいます♡

暑かった夏が遠くに感じてしまうほど、季節の移り変わりは目まぐるしく、秋の風を頬に感じると人肌が恋しくなり、センチメンタルな気分になってしまいます。私たちはそんなとき気になる異性の、ちょっとしたリアクションに一喜一憂してしまうものです。

「あれ?これってもしかして……」なんて淡い期待を持ったり、また次の瞬間には裏切られた気持ちに勝手になっていたり。人の心は本当に不思議なものです。脈ありなのか脈なしなのか、その見極め方を見ていきましょう。
よくLINEを送ってくれる異性がいるとします。職場やサークルのLINEグループでもいいような内容でも、個人アカウントにLINEをしてくるとしたら、それは少し脈ありかも知れません。それだけで距離がグッと縮まった感覚がありますよね。

もちろん、相手にしてくれるからとか、暇つぶしされているだけの可能性もありますので注意が必要です。

夜遅い時間でも構わず連絡してきたり、相手のタイミングで突然終わったりするようでしたら、脈なしと見ていいでしょう。文章中であなたの名前を頻繁に入れていたり、あなたへの好意を匂わすようでしたら、反応を探ってアプローチできるかを確かめているかも知れません。
ふと顔を上げたときに、あなたが気になっている人とよく目が合うならば、脈ありの可能性があります。好意を寄せている人のことは、無意識に目で追ってしまうもので、特に男性は視覚の生き物なのでどうしても気になる人の顔を見てしまいます。

目が合った後に、恥ずかしそうに慌てて目をそらした場合は、脈ありの可能性が非常に高いといえます。そんなときは彼もバツが悪いはずなので、微笑んであげましょう。

あなたに気があるならば、自分を受け入れてくれたことに気がつき、その後何らかのアプローチも期待できます。
「髪切ったの?」とか「その服似合うね」なんていう、あなたのなにげない変化に気づき声をかけてくれる男性は、日頃からあなたのことをよく見ていてくれのでしょうから、脈ありの可能性は大です。

しかし、誰にでも優しく声をかける男も多く存在します。基本的に男性は出来るだけ多くの女性にモテたいものなので、女性には手当たり次第に優しくする輩かも知れません。また、タモさん的な挨拶がわりの声がけができる人もいるので注意深く見ていきましょう。
あなたに好意を寄せている男性は、そのことを何とかしてあなたに伝えようとしているはずです。脈ありかも!と思ったときには、相手に分かるようにリアクションをしてあげることが大切です。きっと彼はさらに積極的にあなたにアプローチをかけてくれるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事