2020.12.09

付き合うなら長男?末っ子?【兄弟構成別】恋愛タイプ!

恋愛をする中で最も重要なのが、相手との相性ですよね。
人は生まれた順番や、育つ環境によって恋愛傾向も変わってくるのです。
今回は兄弟構成別の恋愛タイプをご紹介します。
親から沢山の愛情を注がれて育った長男は、協調性に長け、気配り上手な人が多いです。
また弟や妹の面倒を見ることで、責任感のあるしっかり者へと育つのです。

このような特徴を持つ長男が恋に落ちやすいのは、守ってあげたくなるような甘えん坊の女性。
頼られることで自分の存在価値を見出す長男は、自分を必要としてくれる女性との恋愛を求めています。
中間子は、第一子や末っ子に比べて親の愛情を独占出来る期間が短く、どちらかというと放任されて育つ場合が多いです。
そのため、独立心が強く自由奔放な性格になる傾向があります。

このような性格から、恋愛においても束縛を嫌い、お互い依存しすぎない大人な関係を求めています。
恋愛はしたいけど一人の時間も大切にしたいという自立した女性は、中間子と付き合ってみてはいかがでしょうか?
親にとって初めての子育てとなる第一子に比べ、末っ子ともなると、目一杯可愛がる余裕が出来てくるもの。
多少のワガママも末っ子ゆえ、許される傾向にあります。

そんな末っ子と相性がいいのは、甘えられるのが好きな、母性本能の強い女性でしょう。
好きな人には振り回されてもいいという人は、末っ子との恋愛が上手くいくかもしれません。
幼少期に競争相手がいない一人っ子は、のんびりとしたマイペースな性格になる場合が多いです。
また一人で過ごす時間が長いため、中々人に心を開かない傾向も。

このため、一人っ子の男性を落とすには根気強いアプローチが必要かもしれません。
また彼のペースに合わせられる気持ちの余裕を持つことも大切なポイントです。


今回は兄弟構成別の恋愛タイプをご紹介しました。
それぞれの恋愛傾向を知ることで、ピッタリの相手が見つかるはずです。
自分と相性のいいタイプを見極めて、恋愛を楽しんでくださいね。

関連記事