2020.12.14

勘弁してよ...!彼女の職場の愚痴を【うっとうしい】と感じる瞬間って?

職場で嫌なことがあると、彼氏に話を聞いてもらうという女性もいるのではないでしょうか。身近な人に話すことで、気持ちを整理することができますし、共感をもらって気持ちが楽になるという人もいるでしょう。

しかし、彼氏側の意見としては、彼女の愚痴をもう聞きたくないと思っている人もいます。そこで、彼女の職場の愚痴をうっとうしいと感じる瞬間について紹介します。彼氏が最近口を聞いてくれなくなったという人は、要チェックですよ。
彼女から愚痴を聞かされた時に、多くの男性は解決法をアドバイスしてくれます。しかし、女性にしてみると、ただ話を聞いて共感してほしかっただけなので、そのアドバイスを実行しない場合が多いです。

彼女のためを思って考えたアドバイスが実行されないと、彼氏も嫌な気持ちになります。そのくせ、アドバイスは実行しないのに、何回も同じ人の愚痴を同じような内容で話して来たりすると、愚痴ばっかりでうっとうしいと感じるようになります。
ひととおり愚痴を話し終わって、別の話題になったと思ったら、まださっききいた同じ愚痴の話に戻るなど、何回も何回も同じ愚痴を聞かされると、うっとうしいと感じます。それ前にも聞いたと言ったところで、彼女の愚痴が止まるわけでもありません。

愚痴を話している方は、話すことによって気持ちがすっきりしますが、聞いている方はもやもやが溜まっていくだけです。聞いていて気分のいい話ではないので、聞き終えた後はどっと疲れるのです。
貧乏ゆすりがうるさかったり、我慢できない体臭だったりと、自分の過失がゼロの場合もありますが、お互いに嫌いあっている関係の場合、どちらにも原因があることがほとんどです。それにも関わらず、自分は悪くないと思って相手のせいばかりにしている発言を聞くと、うっとうしいと感じます。

相手の悪いところばかりを責めて、自分を正当化している姿は見ていて気持ちのいいものではありません。そのくせ「私は悪くないよね?」なんて言われると、愚痴を聞く気もなくなってしまいます。
デートの最中に突然愚痴を言い始めたり、久しぶりに一緒にご飯を食べているときに愚痴を言い始めたりなどの場の空気を考えない愚痴は、うっとうしいと思われます。なんでこのタイミングで話し始めるのか疑問に思うのです。

楽しいはずのデートも、長々と続く愚痴のせいで台無しになります。彼女は愚痴を話すタイミングを狙っていたのかもしれませんが、彼氏にしてみたら急に楽しくない話をされて気が滅入ってしまいます。雰囲気を読まない行動に、うっとうしさが増していくのです。
急に愚痴を話し始めて止まらなくなる人がいますが、いきなりネガティブな話をされると、聞いている方は気持ちの整理がつきません。

話を聞いてもらいたいと思っているのならば、「今から愚痴を聞いて」と前置きしてから話始めましょう。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事