2020.12.16

【彼との将来を考える方必見!】恋愛と結婚の違いってなに?

恋愛して付き合った延長に結婚があるものではあるけれど、恋人と夫婦では求めることに違いが出てきます。恋愛の時はそれでよかったことでも、結婚するとよくなくなったりするのはそのためです。

付き合う男性と結婚する男性では、相手に何を求めるかが変わってきます。そこで、恋愛と結婚で変わってくることについて紹介します。今の彼氏と結婚していいのか悩んでいる人は、要チェックですよ。
恋愛というのは一種のイベントです。記念日にはプレゼントを交換し合って、お高めのディナーを食べに行ったり、定期的にデートして楽しい休日を過ごすなどの人生のプラスアルファとして楽しむためのものです。

しかし、結婚となるとイベント感が一気になくなり、生活になっていきます。日々を過ごしていく相方として旦那さんがいるので、いかに日常生活を平穏にすごせるかが重要となってきます。そのため、恋人には刺激を求め、結婚相手には安心感を求める人が多いのです。
恋愛はいわば恋のいいとこ取りです。デートに出掛けた際に奢ってもらったら嬉しいですよね。ケチケチせずに気前よく払ってくれる姿に、男らしさを覚えていい彼氏だと思う人もいるでしょう。そういったところが甲斐性のある男だと感じる女性もいます。

しかし、結婚となると話は別です。後先考えずにお金をバンバン払うような男性とでは生活していけません。一緒に生活すると、いいとこばかりではなく悪いところも見えてきます。悪いところにいかに目をつぶって結婚生活をしていくかが、重要になってくるのです。
恋愛生活だと、自分を中心に物事を考えていても、生活していけます。そのため、調子が悪かったらデートをドタキャンすることもありますし、好きな時に友達と飲みに行くことだって自由です。

しかし、結婚となるとそうはいきません。自分だけが勝手に友達と遊んでいては、家事が滞ったり家族のコミュニケーションができなくなってしまいます。共に生活している人のことを考えて、好き勝手な行動をとるのではなく、相手の都合に合わせて行動するなどの配慮が必要になってくるのです。
恋愛はいわば結婚生活の練習です。恋人と一緒に過ごしていると、どうしても我慢できない部分が見えてきます。たまにしか会わないけど、嫌だと感じることは、結婚して一緒に過ごすようになると、もっと嫌だと感じるようになります。

結婚してしまうと、嫌だから別れようと簡単に別れることはできません。相手の性格なども考慮して、嫌な部分を直すように促すか、諦めるかの選択になります。恋愛中に上手に関係を築けると、結婚してからもいい関係を築くことができるのです。
恋愛中はいいと思っていた部分も、結婚すると嫌な部分に変わることがあります。それは、求めるものが変わってくるからです。

恋人のときに、相手との結婚生活を想像してみて、楽しい結婚生活を送れそうだと思うのであれば、結婚に踏み切りましょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事