2020.12.20

クリスマスにひとりはイヤ...!若い頃の【クリスマスエピソード】

 
年を重ねていくと、クリスマスにも興味があまりなくなり、ただに日常として過ごすことが多いですが、若い頃は一大イベントとして、「彼氏と一緒に過ごしたい」や、「華やかにしたい」と考えていた方もいるのではないでしょうか。
 
クリスマスに彼氏とではなく、1人で過ごすことを「クリぼっち」と呼んでいましたが、クリぼっちになるのは嫌だったため、色んな手を使って回避していたでしょう。
 
今回は、若い頃のクリスマスエピソードをご紹介していきます。
 
 クリスマスに限って自分と仲の良い友達に彼氏が出来てしまい、クリスマスデートでどこかに行くという計画を立てられていたこともあるでしょう。自分は彼氏がいないので、友達のことが羨ましくて仕方ないと感じた方も多いのではないでしょうか。
 
「彼氏いいな」「クリスマスデート良いな」と、嫉妬したくもなりますよね。クリスマスデートは、女性にとっての憧れみたいなものなので、友達に先を越されると喜ぶ気持ちと、嫉妬して悔しいという気持ちが入り混じってしまいます。
 
少しの嫉妬は友達も笑ってくれますが、何回も言っていると嫌味になってしまい、友達の機嫌も悪くなるかもしれません。彼氏がいないことも可哀想かもしれませんが、彼氏がいるのに、友達から責められているのも可哀想です。
 
クリスマスに1人ぼっちで女友達がいないだけではなく、男友達もいなくて、寂しい気持ちになった方もいるのではないでしょうか。何かするわけでもありませんが、誰かと一緒に過ごしたいという気持ちになり、元カレに電話をする方も多いようです。
 
元カレならば自分のこともよく知っていたり、仲も悪くないので、楽しいクリスマスになれると考えたのでしょう。
 
都合よく元カレを呼び出そうとしてもそんな時こそ、なかなか上手くいきません。何回か連絡しただけでそのまま終わってしまう方がほとんどのようです。傷を癒すために、元カレを誘ったのに傷が深くなってしまってしまいます。
 
クリスマスにどうしても彼氏と一緒に過ごしたいから、合コンや、紹介など、片っ端から、男性との出会いを探している方も多いのではないでしょうか。普通であれば、男性との出会いを探して、アプローチするでしょう。
 
クリスマスは、ロマンチックなイベントなので、合コンなどでがっついたりせずに、占いに頼っていた方もいるようです。面白半分で試すくらいなら良いですが、本気で頼ってしまうと、男性も引いてしまい離れていってしまいます。
 
 

 

 クリスマスの日に友達は全員彼氏持ちで、誘う友達がいなくなってしまい、家で両親と過ごしたことがある方もおおいのではないでしょうか。一人ぼっちという悲しさから、泣いてしまう方もいるでしょう。
 
自分と友達を比較してしまい、勝手にみじめな気持ちになることは誰にでもあります。クリスマスイベントという、カップルを見せつけられるような日なら、なおさら感じてしまうのではないでしょうか。
 
今回は、若い頃のクリスマスエピソードについてご紹介しました。過去の経験を活かして、今年こそは彼氏を捕まえましょう。
 
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事