2020.12.22

彼氏も予定も無し!実家で過ごす【クリスマス】って?

 
成人になって社会人として働いているけど、彼氏も出来ずに、女友達とも予定が無いので、実家に帰ってクリスマスを過ごしたことがある方もいるのではないでしょうか。家に一人でいるのはつまらないし、悲しくなるため、帰りたくなるのでしょう。
 
彼氏や、女友達と過ごすクリスマスも、楽しくていい思い出になりますが、実家で迎えるクリスマスも悪いものではありません。
 
今回は、実家で過ごすことになったクリスマスについてご紹介していきます。
 
 最近では少子高齢化も増えてきており、実家に帰っても、父親と母親のふたりしかいないという方もいるのではないでしょうか。両親のふたり暮らしだと、クリスマスも何もせずに、ただの日常だと言う家庭もあるでしょう。
 
クリスマスらしいことは何もないので、もちもんクリスマスツリーもなく、夜ご飯もクリスマスと関係無い普段のご飯になります。
 
街に出るとクリスマスのことだらけになってしまうので、少し休みたいという方は実家に帰ってみるのも、良いのでは無いでしょうか。子どもと一緒に暮らしていない家庭は、あまりクリスマスを大事にしないので、普段と変わらないようです。
 
クリスマスに実家に帰ることが、当たり前になっている方もいるのではないでしょうか。毎年恒例になってくると、家族からの同情を受けている方もいるようです。「今年も帰ってきたのか」「実家なんて可哀想」など家族だからこそ言えることですよね。
 
クリスマスに帰ることが恒例になると、挨拶の代わりとして同情してくる両親もいるようです。同情しながらも、心の中では嬉しいと感じているので、家族に甘えてみるのも良いのではないでしょうか。
 
クリスマスの日に実家に帰るとき、何も持たずに帰っている方もいれば、お土産を持って帰っている方もいるでしょう。せっかく帰るので、贅沢なご飯や、クリスマスケーキなどお土産を持って行ってはいかがでしょうか。
 
実家に帰るだけだとしても、お土産を持って行ってあげると、両親は喜んでくれます。最初からクリスマスの日は実家に帰ると決めているのであれば、急いで探して買うよりも少しいい所のケーキ屋さんに予約して、家族と贅沢なクリスマスを過ごしましょう。
 
彼氏がいなくて、実家に帰り、クリスマスを過ごしていると彼氏がいないことに対して、「なんでいないの」「彼氏作らないの」と言ってくるけど、歓迎してくれたことがある方もいるのではないでしょうか。
 
「今年も来た」などと、嫌味みたいなことを言ったとしても、表情が明るいのであれば、本心は帰ってきてきくれて嬉しいはずです。
 
今年も来るかなと、楽しみにしていた可能性もあるでしょう。口では色々言ってきても、子どもが帰ってきて、嫌な気持ちになる親はいません。彼氏が出来て帰ってこなくなる方が寂しく感じているのではないでしょうか。
 
今回は、実家で過ごすことになったクリスマスについてご紹介しました。ずっと彼氏がいないということはなかなか無いので、人生のうちの何回かしかないクリスマスを家族と過ごすのもいいのかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連記事