2020.12.22

これが正解!「彼氏いるの?」と聞かれたときの答え方

「彼氏はいるの?」と男性から聞かれると、いてもいなくても戸惑ってしまう人は多いはず。 
とくに相手のことが気になっている場合は困りますよね。
 今回はそんなときにどう答えればいいのか紹介します。
「彼氏いるの?」と聞かれたときは基本的に正直に答えるのが無難です。
相手が自分に好意を持っていたり、自分が相手に好意がある場合でも正直に答えましょう。
なぜなら本当はいるのに「いない」と答えてしまうと、後から大きな問題に発展する可能性があるからです。
相手からの信用を失うだけでなく、それを知った周囲の人間からも信用を失うはめになってしまいます。
彼氏の有無を聞かれたときは正直に答えるのが基本です。
彼氏がいない場合、「残念ながらいないんですよー」と自虐的に答えるのも一つの手です。
彼氏がいないという事実と彼氏が欲しいという希望を同時に伝えることができるからです。
とくに気になる相手から聞かれたときに自虐的に答えるといいでしょう。
「じゃあ、自分が」と彼氏に立候補してくれるかもしれません。
気になる相手ではなくても、希望を残しておく意味で自虐的に答えてみてもいいでしょう。
「実は好きな人がいて……」と意中の男性がいることを伝えるのもいいでしょう。
とくに気になっている相手や好きな相手から聞かれた場合は、上目遣いで恥ずかしそうに伝えてみるといいかもしれません。
そうした態度で好意が伝わる可能性もあります。
そして、軽く匂わせることにより、相手の反応を伺うこともできます。
彼氏がいるかどうか聞いてきた相手に、逆になぜそんなことを聞くのか尋ねるという方法もあります。
もしかしたらあなたに好意を持っているのかもしれません。
その場合は聞いたときの相手の反応を見て分かるでしょう。
こちらの本心を見せずに相手の気持ちを知ることができるので、気になる相手の場合はなぜそんなことを聞くのか、ぜひ聞いてみて下さいね。


「彼氏はいるの?」と聞かれるのは、それだけあなたが魅力的だということ。
ただ答え方を間違ってしまったら、下手をすると信用を失いかねません。
紹介した方法を参考にして、今後は答えてみてくださいね。

関連記事