シャンプーバー

2020.12.22

固形シャンプーってどう使うの?エティークシャンプーバーの使い方と感想

最近、SNSで話題になっている固形シャンプーをご存知でしょうか。近年、プラスチックによる海洋汚染が問題になり、日本でもレジ袋を有料にするなどプラスチックを使わない動きが積極的になってきています。

そんな中、とくに多いとされているシャンプーのプラスチック容器を軽減でき、地球と髪と肌にも優しいといわれているのが固形シャンプーです。

「固形シャンプーってどうやって使うの?」「泡立ちは?」「バスルームに置いていて溶けたり衛生面は?」など、気になることを実際に使って調べてみました!
シャンプーバー
今回、試してみたのは、ニュージーランド発祥のコスメブランド『ethique』(エティーク)から発売されているシャンプーバーとコンディショナーバーです。

エティークの製品は原料からパッケージまで「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味する「サスティナブル」な固形バー製品として世界で初めて誕生しました。

エティークのシャンプー&コンディショナーバーは100%天然由来原料、ノンシリコン、15の無添加、さらに、固形なので一般的に発売されているシャンプーのようにプラスチックゴミが出ないのが特徴です。

最近、ファッションでもオーガニックなど自然に配慮した素材で作られる「サスティナブルファッション」が注目を浴びています。エティークの製品は環境・動物・人体に悪影響を与えないように、原料選びから使用後まで徹底した考えで製造されているということなんですね。

エティークのシャンプーバーとコンディショナーバーはそれぞれ香りが違うだけでなく、髪質や目的に合わせて選べるようになっています。そのときの、自分の髪質の悩みに合わせて組み合わせることができます。

シャンプーバーの種類
・ピンカリシャス(バニラピンク、グレープフルーツの香り) 潤い、ツヤ、乾燥が気になる方
・ヒーリキウィ(ライムの香り) フケ、かゆみなどの頭皮トラブル、髪と頭皮に潤い
・セントクレメンツ(ライム&オレンジの香り) 頭皮のオイルバランスを整えて清潔にフレッシュに

コンディショナーバーの種類
・ザ ガーディアン(ライムの香り) 艶やかで滑らかな指通りのいい髪へ、髪と頭皮の潤い
・ワンダーバー(ココナッツの香り) 乾燥しがちな髪に潤いを与えて艶やかな髪へ

5種類のシャンプーとコンディショナーの中からこちらの2つの組み合わせを選んでみました。

ヒーリキウィ✕ワンダーバー。普段の髪質であれば、ピンカリシャス✕ザ ガーディアンの組み合わせだと思うのですが、実は秋口から花粉と乾燥と髪の毛がすごく乾燥するようになったんです。

ひどいときは頭皮が乾燥で痒くなってしまい、眠れなくなってしまうほど……。なので、今回はこの組み合わせにしてみました! なお、公式HPにはそれぞれの髪の悩みに合わせた組み合わせが書いているので、参考にしてみてくださいね!

エティークシャンプーバーを購入する
エティーク
さっそく、「ティークシャンプーバー&コンディショナーバー」を試してみました! 香りはエッセンシャルオイルを使用しているため、人工的ではなくとても自然な香りです。

パッケージの上からでもふんわりと香るのでお部屋に置いておくだけでもよさそうです。テクスチャーは通常の石鹸のように少し固めですが、髪に直接撫でるように塗っていくことで泡が出てきます。

ワックスやスプレーなどを付けていて泡が出にくい……という方は、お湯だけで髪の毛をよく洗いだあとにネットなどを使って泡立てるのがおすすめです。

【エティークシャンプーバー&コンディショナーバーの使用方法】
エティーク 
①髪の毛をクシでとかす
シャンプー前にクシで溶かして、汚れや絡まりを取ります。

②お湯で十分に髪を洗ぐ
お湯で髪に付着したほとんどの汚れや整髪剤を流していきます。

③シャンプーバーを濡らし、髪の付け根から塗布する
髪とシャンプーバーを濡らして、シャンプーバーを髪の根元から毛先に向かって3~4回塗布します。力を入れすぎると抜け毛の原因になってしまうので、根本は特に優しく塗りましょう。

④泡立てながら髪を洗う
しっかりと泡立ててから、髪を洗います。石鹸タイプなのにかなりモコモコの泡が出てビックリしました!泡立ちが悪い場合は、シャンプーバーを追加してもOKです。

⑤十分に洗ぐ
頭皮トラブルを防ぐためによく洗ぎます。洗う時間の3倍の時間をかけて洗ぎましょう。

エティークシャンプーバーを購入する
エティーク
まず、驚いたのはシャンプーバーの泡立ちと洗い上がり感。モコモコの泡がスッキリと毛穴の汚れがを落としてくれるような使用感があります。

さらに、すごいのがコンディショナーバーの使用感。泡が出ないので馴染みにくいですが、しっかり手につけて馴染ませていくと髪の毛が精油に包まれたようなシットリとした感触に包まれていくのがわかります。

髪に直接つけると摩擦が生じるので手で塗ったほうが個人的にはいいと感じました!

エティーク
仕上がりの状態はいつもよりしっとりと潤っていて、アウトバストリートメントをつけなくてもキレイにまとまっていました。また、お風呂上がりにすぐに頭皮用化粧水をつけないといけなかった頭皮のかゆみが何もつけない状態でも軽減されていました。

また、「エティークシャンプーバー&コンディショナーバー」は1回の使用量で約69円ととってもオトクなのが嬉しいところ。通常のシャンプーとは違い、自分の髪の量や使っているときの泡立ちや手触りで量を調整できるのがよいと思いました。

なお、バスルームに置いていることで心配だった溶けてしまうことと衛生面は、水切りのソープディッシュで解決しました! 心配な方は1回ずつにお風呂から出して乾燥させて、使用するときに表面を1度洗い流してみるといいかもしれません。

プラスチックフリーで環境に優しいだけでなく、肌や髪の毛にも優しい「エティークシャンプーバー&コンディショナーバー」。様々な髪の悩みに合わせて選べるので、季節によっての髪質の変化などに合わせて使い分けてみるのもいいかもしれませんね!(結城/ライター)

(ハウコレ編集部)

エティークシャンプーバーを購入する

関連記事