2020.12.26

自分の外見がイヤ...!【ありのままの自分】を愛する秘訣って?

美人と評される女性と自分とを比べては、自己嫌悪に陥っている女性も意外と多いのではないでしょうか。

高い美意識をもって自分磨きをするのは決して悪いことではありません。ですが、「可愛くないと価値がない」と脅迫観念のようなものに駆られているのならば、ありのままの自分を肯定する術を学ぶ必要があります。

今回は外見のコンプレックスから解放される方法をご紹介しているので、自分に自信がもてずにお悩みの女性はぜひチェックしてみてください!
化粧品やアパレルの広告には、誰もが認める美人女優やモデルが採用されていることが多いですよね。美しい女性を見るとうっとりしますし、「こんな風になりたい」と憧れを感じ、美意識が高まるもの。

その反面、「美しくならなければ愛されない」と無意識のうちに外見へのコンプレックスを強めてしまう場合もあります。

もしもあなたが後者に当てはまるならば、メディアがもてはやす美人像から距離を取るように意識してみてください。
最近では、肌荒れや体のたるみを修正で隠すことなく、ありのままの自分の写真を公開する海外セレブが増えてきていますよね。

そのようなものを目にすれば、「もっと痩せなければ」「どこから見ても美しくならないと」といったプレッシャーから解放されるでしょう。

自分らしい美しさを大切にしているセレブやインフルエンサーのSNSをフォローすれば、きっとポジティブな影響を受けられるはず。
女優やモデルに憧れて、そのヘアスタイルや服装を真似するのは悪いことではありません。ロールモデルがいることによって美意識が高まり、より美しく魅力的に成長できたと感じる女性もいることでしょう。

ですが、憧れの女性を見ることで外見への劣等感が刺激されるのであれば、考え方を変える必要があります。

「ありのままの私で大丈夫」と自分に言い聞かせ、人と自分を比べる癖を直しましょう。また、自分がコンプレックスに感じる部分ではなく、美しいと思える部分や魅力的なところに目を向けるようにしてみてください。
若くなければ美しくないと思い込んでいたり、年を取れば醜くなってしまうという恐怖心を抱いたりしてはいませんか?

そもそも、美しさは多様なものです。若い女性にしかない美しさもあれば、年を重ねた女性にしかない美しさもあります。

年齢を重ねることを劣化や老化として恐れるのではなく、「成熟した魅力が得られる」とポジティブに受け止め、変化を楽しむようにしましょう。
自分磨きを楽しんでいるのならば問題ありませんが、外見への強いコンプレックスを解消しようとして、無理をしてダイエットをしたり美容にお金をつぎ込んでしまっているならば、一度立ち止まってみることが必要。

外見を変えるのではなく考え方を変えるように努力すれば、外見のコンプレックスによって自己嫌悪に陥ることが少なくなり、毎日をより楽しく過ごせるようになります。自分を否定するのではなく肯定することを心がけて、幸せを手に入れましょう!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事