2020.12.26

独占欲を抑えたい...!【嫉妬心】と上手く付き合う方法4つとは?

「嫌いの反対は無関心」と言うように、相手のことを好きでいればいるほど、その人のことを独り占めしたいと思うのはある意味当然のことかもしれません。

ですが、恋愛関係を長続きさたいのであれば、「重い」と思われるような言動を控える必要があります。嫉妬心が抑えられず、彼氏に負担をかけてしまっているという自覚がある女性もいることでしょう。

そこで今回は独占欲と上手に付き合う方法についてご紹介しているので、「つい彼を束縛してしまう」とお悩みの女性はぜひチェックしてみてくださいね!
彼は何もやましいことをしていないのにもかかわらず、ささいなことで過剰に嫉妬をしてしまうのは、自分に自信がないからです。

自信がもてないからこそ、「束縛しなければ彼がどこかに行ってしまうのではないか」という恐怖心に駆られて束縛してしまうのでしょう。

その根底には、「自分は愛される価値がない」という思い込みがあるのかもしれません。逆に言えば、自己肯定感を高めることができれば、不要な嫉妬心や独占欲を抑えられるはず。

何か目標立てて努力をし、自信をつけてコンプレックスを解消できれば、精神的な余裕をもって彼と付き合えるようになりますよ。
恋をすると、相手のことしか見えなくなってしまうという女性もいますよね。恋に盲目状態だと視野が狭くなり、独占欲が強まってしまいがち。

そうなると彼に重いと思われてしまいかねないため、彼以外にも夢中になれることを見つけましょう。積極的に新しいことにチャレンジして趣味を開拓したり、女友達と遊ぶ時間を大切にしたりして、彼とは離れて過ごす時間も作ってみてください。

独占欲の強い女性は「四六時中彼の傍にいたい」と思う傾向があるので、意識して物理的に離れる時間を設けることで、彼への執着心を和らげる必要があります。
「彼が心変わりをしてしまうのではないか」という不安や猜疑心ゆえに、彼を束縛してしまうケースも少なくありません。

このような場合は、彼との信頼関係を構築し直すことが大切です。付き合いが長いカップルであっても、きちんとコミュニケーションがとれているとはかぎりません。


忙しくても二人の時間を大切にし、いろいろなことを率直に話し合える関係性を築きましょう。
独占欲の強い女性の中には他人への依存心が強く、一人では怖くて何もできないという人もいます。「彼は自分の一部」だという感覚が強くなればなるほど、彼への独占欲が増してしまうでしょう。

このような状態から抜け出すには、「彼は彼、私は私」という考えをもつことが大切。また、彼に依存していることを自覚して、精神的に自立できるように努力をしましょう。依存体質を改善できれば、「重い」という理由でフラれるリスクも減らせるはず。
独占欲が強すぎると、知らず知らずのうちに彼にストレスを与えてしまいがち。彼のことを大切に思うのであれば、相手の立場に立って考え、行動するように心がけましょう。

また、嫉妬心や独占欲を自分の意志でコントロールするように努めることも大切。そうすればきっと、素敵な恋を長続きさせられるでしょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事