2021.01.17

【年下旦那】はお好き?♡年下旦那の良いところをご紹介します!

若いうちは年上に憧れたりする女の子も多いと思いますが、歳を追うごとに「年下もイイかも!」と思えてくる女性も多いでのではないでしょうか?

では、なぜ年下男性に惹かれ、年下男性を結婚相手に選ぶのでしょうか?
そして、どんな所に惹かれているのか、年下男性の素敵なところをご紹介していきたいと思います!
昔ながらの大和撫子とは、男性の3歩後ろを歩け!なんてよく言いましたが、イマドキの女性は社会に出ている人も多く、社会のストレスに揉まれています。

そんななかで、「おい!お茶!」なんて態度(極端ですが)で居られたり、いちいち小言を言われたりする相手と過ごすのは、ストレスしかないでしょう。

年下旦那は、上から目線で物を言ったりはしない人が多いです。なぜなら、年上であるという認識があるので、偉そうに言うなんて発想がそもそもないようです。そんなストレスを軽減させてくれる存在が、年下旦那なのです。
大の男性を可愛いと思えることは、少ないかもしれませんが、年下であることで、自分よりも若く、甘え上手で、可愛い息子のような、犬のように見えてきます。

また、こちらの理想のような物を押し付ける必要がなく、スマートにエスコートをしてくれなくても、少しミスをしても「可愛いからいいか!」と許せてしまうので、自分も無理をしなくてもいい存在で、失敗さえも可愛く思え、寛大になれるでしょう。
エスコートしてくれたりする年上の男性相手だと、身構えてしまい、なかなか自然体でいられる自分を、さらけ出すことができないかもしれません。

それは後々、自然体な自分でいて嫌われてしまったらどうしよう?だらしないと思われたら…などと考えてしまい、自分自身が疲れて来たり、理想と現実の違いから、苦労する可能性がありますよね。

年下旦那だと、初めから無理して付き合う必要がなく、ありのままの自分と向き合ってもらえる場合が多いです。
結婚するなかで、お互いに無理をせず過ごせる相手は、長く続く秘訣になるでしょう。

年下旦那だけあって、若々しい旦那の隣で老け込んでいってしまうのは、自分自身がとっても嫌!という意見が多いそうです。なので、年下旦那を持つ人は自然と、若々しくいようと努力することが身につく人も居るようです。

旦那さんに刺激を受けることで、自分も美しくなれたら一石二鳥ですよね。若い旦那さんは体力も有り余っているので、自分よりもアクティブに動いてくれ、若さを保つための協力をしてくれるかもしれません!
年下旦那のメリットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
もちろん、年上、年下、同い年、それぞれの好みがあると思いますし、年上だからこう!年下だからこう!というのも様々な人が居ますから、一概にはこう!とは言いきれません。

大切なのは、自分にぴったりの人を見つけること、見つけた人を信じることです。信じるためには相手のことをよく知ってから考え、幸せな結婚生活を送れるように、最高の結婚相手を見極めましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事