2021.01.05

彼氏にイラッ!すぐに【冷静になれる考え方】って?

彼氏とはいえ、イライラすることもあるでしょう。しかし、イライラしたからといって、意地悪な態度をとったり、相手をイライラさせる言葉でののしるわけにはいきません。

できれば、彼氏の機嫌を崩さずに、自分の気持ちを穏やかなものにしたいでしょう。しかし、イラッとしてしまったら、なかなか気持ちを切り替えることができないのも現実です。

そこで、彼氏にイラッとしたときにすぐに冷静になれる考え方について紹介しますね!
例えば、彼氏にイラッとすることを言われることもありますよね。「痩せたら?」などのように気にしていることを指摘されてイラッとすることもあるでしょう。

こういうときは、「痩せたらかわいいって言ってるんだね。」と前向き思考で捉えなおしてください。すると、「そうだね。痩せて綺麗になるよ!」と穏やかに返事をすることができるでしょう。

イラッとしたときは、全て「私のため!」「私がかわいいから!」ぐらいに思っていていいのです。そうすると、イライラではなく感謝に変わるかもしれないですよね。
例えば、「〇〇をしてくれない」ではなく、「〇〇ができるタイミングじゃなかった!」と割り切って考えましょう。また、デートの時間に遅れてきたら「遅刻なんてありえない!」ではなく「遅刻する日もあるよね。」ぐらいに割り切っておくのです。

割り切らないと本当にイライラして、次に顔を見たときに何を言ってしまうか分からないですよね。「言わないと気が済まない!」ところまでイライラすることあるでしょう。

しかし、割り切ったほうが楽です。相手の機嫌も自分の機嫌も損なうことがないため、結果的に自分にとって良い方向にいきますよ。
イライラしても、「もしかしたら相手もかも...…」と思ってください。彼氏にイラッとすると、つい自分が正しくて、自分が被害者みたいに感じるでしょう。

しかし、前回会ったときは彼氏がイラッとした可能性もあります。トータル的に、イラッとさせていることのほうが多いかもしれないですよね。そのため、「イラッとはお互い様」と思いましょう。

この考えを持つと、瞬時に冷静になれます。また、イライラさせないように心がけることもできますよね。
イラッとしたとき、どう考えてもイライラすることもあるでしょう。そういうときは、わざと笑顔を作ってください。笑っておけば、気持ちが柔らかくなるものです。

意外とすぐにイライラした気持ちが沈んでいくのも分かるでしょう。それでも無理なときは、面白いことを思い出しましょう。彼氏と一緒に笑ったことがいいですね。

今イラッとしていることが馬鹿らしくなって、彼氏のことが許せるようになりますよ。
イラッとしても、その感情は一時的なものが多いですよね。そんな一時的な感情に振り回される必要はありません。冷静になれる考え方をして穏やかに過ごしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事