2021.01.11

あれれ…?【男性がガッカリ】してしまう女性の発言って?

男性から見てせっかく顔がかわいいと思っても、聞くとがっかりしてしまう女性の発言があります。今回はそんな残念な発言を集めてみました。意外とクセになっている人もいるのでここで気がついて治せるものから直していきましょう。損をせずに済みますよ。
男性が嫌がる発言の中に、お金が1番大事という発言があります。確かにお金は大切です。男性を選ぶ基準が経済力の有無というのは、別に悪いことではありません。しかしそれを男性にも聞こえるように大声で発言する必要は無いのではないでしょうか。

自分の中にだけ基準を大切に持っておいて、それを秘めておくというのが1番賢いやり方です。女性も男性が「見た目が1番大事」と発言していたらなんだかがっかりしてしまいますよね。それと同じことです。

見出し(「しょせん…」などのネガティブ発言)

これは癖になっている人も多いのではないでしょうか。所詮とかやっぱりとか、何事もわかった風に諦めたネガティブ発言をしてしまっていませんか?後ろ向きな言葉は、言っている本人だけでなく、聞いている人のエネルギーも吸い取ってしまいます。

自分が好きな人の口から聞きたいのはなるべく明るい言葉ですよね。ネガティブな言葉はあまり意識しなくても癖になっていると口をついて出てしまうので、なるべく早く気づいて直していきましょう。周りの人の反応も変わってきますよ。

見出し(「私なんて」)

これも癖になっている人がいます。私なんてというふうに自分を下げてしまう発言をしている人はいませんか?自分に自信がないのは仕方がないことです。これはすぐに改善できるものでは無いのですが、それを言葉に出すとますます自信がなくなってしまいます。

謙遜で言っているわけではなく、本気で言っている人は自信のなさが表情にも出てしまっています。これではあまり魅力的に思いませんよね。私なんてと言う言葉を口にしてしまったら手帳に印をつけておくなど、何か目印をつけておくと、だんだん意識がそちらに向かい、言わないように改善できるようになりますよ。
これは口にすると百害あって一利なしの言葉です。誰かの悪口は絶対に言わないようにしましょう。どんなにその人に関係のない場所で言っていても、なぜかめぐりめぐって自分のところに帰ってくるのが悪口です。聞かれていないと思っていても案外聞かれているもの。

どこから伝わるか分からないので、自分の身を守るためにも悪口をやめましょう。

まとめ(反対の言葉を口にするようにする)
ここに挙げた4つの言葉はあまり普段から口にしない方が良いようですね。もし自分がこういった言葉を口にしていると思ったら、気がついた時点で反対の言葉を口にするようにしてみましょう。だんだん行動も変わってくるので不思議なものです。

関連記事