2021.01.11

彼が好き過ぎる!【ヤキモチを妬いちゃう】ときの対処法は?

彼のことを好き過ぎるあまり、ついつい妬いちゃうのがヤキモチ。彼がほかの女の子といると、どんな会話をしているのか気になって、モヤモヤしますよね。

ヤキモチとうまく付き合えないと、恋は長続きしません。そこで今回は、ヤキモチを妬いちゃうときの対処法を4つご紹介します。嫉妬心と上手に付き合って、いつまでも彼と仲良くしてくださいね。
ヤキモチを妬いたときは、可愛く拗ねるのがおすすめです。男性は彼女が嫌な気持ちになっていることに気付きにくいので、可愛く拗ねて気付かせてあげましょう。

「○○ちゃんと話して楽しそうだったから寂しかった」「私にもっと構って」といった具合に、寂しかったことを伝えつつ自分をもっと見てと話してみてください。

拗ね方が可愛ければ、彼は「そんなに自分のことが好きなのか」とキュンとするはずです。彼がほかの女の子と話して不安な気持ちになったとしても、怒ったり泣いたりするのは禁止ですよ。
ヤキモチを妬くのは、彼が自分ではない子を好きになっちゃうかもと不安になるから。彼の友達に紹介してもらい、自分が彼女だとアピールできれば不安は解消できます。

彼の女友達と知り合いになれば、相手の子が手を出してくる可能性は低くなるでしょう。男友達に紹介してももらうだけでも、効果はあります。

友達間で「彼女に会った」「可愛かった」という話しになると、彼は”可愛い彼女がいる手を出しちゃいけない人”と認識されるからです。彼に「あなたの友達に会ってみたい」と可愛くおねだりしてみましょう。
嫉妬したときは、とにかくたくさん甘えてください。自然と不安な気持ちが解消される効果があります。

いつも以上に甘えると、あなたがいつもと違うことに彼も気付いてくれるはず。不安にさせちゃったかなと反省して、たっぷり甘えさせてくれるかもしれませんよ。
モヤモヤしたときは、素直な気持ちを彼に伝えましょう。「ほかの女の子と楽しそうに話していて不安になった」「寂しい気持ちになった」など、正直に話すのがポイントです。

正直に伝えれば、彼はあなたを不安にさせないよう行動を意識してくれます。あなた自身も、負の感情を押さえこまなくて済むので気持ちが楽です。
ヤキモチを妬いちゃうときの対処法として、可愛く拗ねる・友達に紹介してもらう・たくさん甘える・正直に話すの4つをご紹介しました。

嫉妬するのは、仕方のないことです。ヤキモチとうまく付き合いながら、彼との関係を深めましょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事