2021.01.21

付き合うと苦労するって本当?!【長男】の性格・恋愛傾向を徹底調査!

デートでも頑固でわがまま、ケンカになるとなかなか謝ってくれない……。そんな彼氏は、もしかしたら長男なのかもしれません。

長男ならではの性格や恋愛傾向、付き合い方について掘り下げていきましょう。
生まれた順番によって基本的な性格が違ってくるのはよく知られていますが、「長男と付き合うと苦労する」というのは本当なのでしょうか。

長男にありがちな性格から検証してみましょう。
長男は最初に生まれたので、基本的にはわがままに育っています。子どもの頃から要求が通りやすい環境で育ってきたため、大人になってからも我慢が苦手な人が多く、知らずに付き合うとけっこう苦労したりします。

やりたいことは何でもやらせてもらえる環境が続いていたため、大人になってからもこだわりが強く、自分のこだわりを否定されるとわかりやすく不機嫌になります。
地方都市で生まれ育った男性は今でも、「長男が家の中心」という価値観のなかで育てられたりしているものです。

もちろん、その後の環境によっても左右されますが、「男は仕事、女は家庭」という古風な価値観がしみついている人も多く、長く付き合うほど意見のすれ違いが大きくなってしまいます。

「結婚してもバリバリ働きたい」という女性は話し合いが必要かもしれません。
兄弟が多い家の長男は、子どもの頃から家族のまとめ役のようなポジションになっているため、考え方がしっかりしています。

両親からも「長男だから……」と言い聞かせられて育ってきたため、長いスパンで物事を考える能力に長けています。

金銭管理もしっかりしているため、結婚してもお金のことで苦労することは少ないでしょう。
長男は長男でも、ひとりっ子の場合はマザコンになりやすいと言われています。生まれた時から母親との距離が近くなりやすく、関係が密接になりやすいことが要因のようです。

ただ、これはあくまでも俗説であって、「ひとりっ子だからマザコン」と決めつけるのは偏見につながりますのでやめましょう。
頑固、わがままと、ネガティブな一面もある長男ですが、いいところを引き出すことで関係を深めることができます。

大切なのは、否定しないことです。長男は基本的にプライドが高く、こだわりや考え方を否定されるのが苦手。あまり強く否定すると別れの原因になってしまうこともあります。

理解するのが難しいこだわりでも彼氏にとっては大切なポイントであり、「受け入れよう」という気持ちで向き合えば彼のほうから心を開いてくれるかもしれません。

お互いの世界を大事にするのが秘訣、ということですね。

(ハウコレ編集部)

関連記事