2021.01.21

女性必見◎彼氏との「LINEはいつも自分発信」の女性に教えたいこと!

気づけばLINEがいつも自分発信だったり……。彼氏とラブラブで、うまくいっているようでも、実は気持ちが一方通行、なんてこともよくあります。

なぜ、LINEがいつも自分発信になってしまうのでしょうか。女性が気をつけたい恋愛の失敗パターンについて深掘りしていきましょう。
彼氏とのコミュニケーションを振り返ってみて、LINEがいつも自分発信、彼氏のほうからなかなかLINEが来ない、という女性は意外と多いかもしれません。

LINEがなぜか自分発信になってしまう女性の特徴について見ていきましょう。
LINEがいつも自分発信ばかりになってしまう場合、連絡のペースを見直してみましょう。

男性はプライベートを大切にしたい生き物で、彼女がいたとしても自分の時間をしっかりと確保したい、と思っています。

特に、仕事で忙しい時期に彼女から何度もLINEが来るとしつこく感じてしまい、「あとで返信するか」と思っているうちに結果的に既読スルーが続いてしまいます。

既読スルーが未読スルーに変わる前に、まずはLINEの頻度を減らすなど、できることを試してみましょう。
LINEがいつも自分発信、といっても、付き合いはじめの頃からそういう状態ではなかったはずです。

はじめのうちは彼氏のほうからLINEがきていたとしても、「気持ちが通じないな」ということが積み重なるうちに「こっちから何かを言っても無駄だな」と思われている可能性があります。

要するに、気持ちが一方通行ということで、対等な関係ではありませんので、ふたりにとって大事なことを決める時に衝突してしまうかもしれません。

LINE以外でも自分の気持ちを一方的にぶつけていないかどうかを確かめつつ、彼とのちょうどいい距離感をあらためて探っていきましょう。
彼氏との距離感を見直すことによって、「LINEがいつも自分発信」という状態を抜け出せるかもしれません。
LINEがいつも自分発信になってしまうのは、彼氏のことを100%信じられていないせいかもしれません。

「放っておくと彼氏がいなくなってしまう」という不安が心のどこかにあるからこそ、ついつい何度も彼氏にLINEを送り、気持ちを確かめたくなってしまうのです。

はじめのうちは不安かもしれませんが、気持ちが完全に離れない限り、彼氏は必ず連絡をくれるはずです。

LINEというひとつのポイントでも、彼との距離感をコントロールすることができます。
LINEがいつも自分発信になってしまうのは、気持ちが一方通行になっているサインかもしれません。

不安があるかもしれませんが、あえてLINEを送らない期間を作り、彼からのLINEを待ってみるのもひとつの駆け引きかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連記事