2021.01.18

もう飽きたよ...!「彼氏の話がとにかく長い。」対処法とは?

彼氏の話がとにかく長くて困っているという人はいませんか?

話が長いと結局何を言いたいのかわかりませんし、面白い話も面白くなくなってしまいます。また、単純にイライラもしてしまうものです。

では、彼氏の話がいつも長いという場合、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。
彼氏の話が長いときは、あなたが彼の話をまとめてあげましょう。たとえば彼が「昨日、仕事帰りに駅前のちょっと汚いけど、でもいい感じの居酒屋に行ったら」と話しを始めたとしましょう。

そのときはあなたが「居酒屋に行ったのね。それで?」と話をまとめて、次の話を簡潔に話すことを促すのです。

このようにしてどんどん話をまとめていけば、その分だけ話は短くなります。また、彼氏も短く話すことに慣れていくでしょう。

しかしこれをあまりにもやり過ぎると、彼氏にイラっとされてしまうこともあります。そのため、何度もやり過ぎないように注意しておきましょう。
彼氏の話が長いとイライラしてしまうかもしれませんが、聞き流してしまえばイライラすることもなくなります。

話半分に聞くようにして、その間にスマホを見たり、他のことをやっていたりすれば時間の無駄にもなりません。

一生懸命聞こうとするからこそイライラしてしまうのですので、聞き流すことを前提に彼の話を聞きましょう。

ただしこの方法も彼氏に怒られてしまうリスクがあるため、話を聞いているときはしっかりリアクションを取ってあげてください。そうすることで怒られるリスクを減らすことができます。
彼氏の長い話を聞きたくない場合、LINEのトークで話を聞くと良いでしょう。通話や直接会って話すと、どうしても話は長くなってしまいます。

しかしトークであれば入力するのが面倒ですので、彼氏も極力短く話をしようとするものです。

彼氏は直接話をしたいと言うかもしれませんが、「今忙しいから」などとうまく言い訳して、トークで話を済ませてしまいましょう。

長い話をトークで行えば、自然と文章をまとめることになるため、彼の短く話をする能力も身につきます。それにより普段の話も短くなっていくため、定期的に実践してみると良いでしょう。
彼の話が長いと、かなりイライラしてしまうものです。それが毎日のこととなれば、話が長いことが原因でケンカになってしまうこともあるでしょう。

しかし彼氏としても悪気があるわけではありません。そのため、様々な対策を実践してみて、彼の話が自然と短くなるように仕向けていきましょう。

そうすることでケンカすることなく話の長さを改善することができ、ストレスのかからない楽しい付き合いを継続することができます。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事