2021.01.18

これからどうしよう...!【酔った勢い】で付き合ったけど大丈夫?

お酒を呑めば楽しくなってしまうため、その場のノリで様々な失敗をしてしまうこともあります。場合によっては、お酒の勢いで男性と付き合うことになったという人もいるでしょう。

しかし一晩経ってから、そのことを冷静に考えると「本当に大丈夫?」と不安になってしまいます。軽はずみな発言をしてしまったことに、後悔する人もいるはずです。

はたして、酔った勢いで付き合うことになった場合、正式に付き合っても本当に大丈夫なのでしょうか。
お酒の勢いで付き合うことになったとはいえ、元から気持ちがあったのならばうまく行くことが多いです。

例えば元々その男性のことが好きだったけど、告白できず、お酒の勢いで告白して付き合ったというパターンもあるでしょう。

この場合、好きな気持ちは元々あって、告白をお酒の力を借りて行ったということになります。あなたの気持ち自体は嘘ではないため、普通の恋愛とほとんど変わらないのです。

ただし、相手の男性が酔った勢いでOKしたという可能性もゼロではないため、付き合ってもらえるか再度確認しておいたほうが良いです。
付き合うことになった相手がまったく好きではない相手で、本当に酔った勢いだけで付き合ったという場合、失敗する可能性が高いです。

彼氏がいれば寂しさを解消できたり、とりあえずは彼氏ができたりというメリットがあるため、酔っているときはそこだけを見てOKしてしまったのでしょう。

しかしよく考えればなんとも思っていない相手です。興味がない相手との付き合いは失敗する可能性が高く、後悔することになるでしょう。

いざ付き合ってみたら彼のことを好きになったというパターンもありますが、必ずしもそうなるわけではないため、やはり酔った勢いで付き合うのはやめておいたほうが良いです。
酔った勢いで付き合ってしまい、そのことを後悔しているのであれば、後から断ったほうが良いです。

一度OKしているだけに、かなり気まずいものですが、そのまま付き合えばさらなる後悔をすることになります。

なかなか断りにくいという場合、「やっぱり急過ぎるから、まずは友達から」と言うという手段もあります。そして折を見て、「やっぱり付き合えない」と言うのです。

相手には申し訳ないことをしてしまいますが、そもそも酔った勢いで付き合おうとする男性にも問題はあります。そのため、うまく言い訳して、なんとか彼との付き合いを回避しましょう。
酔った勢いで付き合うこと全てが悪いことではありませんが、やはり後悔することのほうが多いです。

そのため、そもそも酔った勢いで付き合いをOKするのはやめておきましょう。

「友達から」と言えば、後から断ることもできるため、この言葉を便利に使ってください。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事