2021.01.25

完璧女子なのに…!完璧だからこそ陥りがちな恋愛パターンって?

ルックスも性格もパーフェクトで、自分でもそこそこ自信があるのに、恋活や婚活でどうしても運命の出逢いが見つからない。そんな「残念な完璧女子」が増えています。

「完璧女子」が運命の彼氏に出逢うには、どのようなコツがあるのでしょうか。「完璧女子」が陥りがちな残念な恋愛パターンについて見ていきましょう。
ルックスも性格も120点……完璧だから完璧な恋愛ができるとはかぎりません。むしろ、「完璧女子」には弱点も多く、自分でも気づかないうちに恋愛の失敗パターンにハマっているパターンもあります。

完璧すぎるからこそ気をつけたい、「完璧女子」の残念な恋愛パターンについておさえておきましょう。
ギャップをうまくアピールできるかどうか……これこそが、「完璧女子」が運命の出逢いに見つけられる分かれ目です。

完璧女子はどうしてもプライドが高くなりがちで、「ギャップ=弱み」と考えてしまうため、気になる彼がいてもなかなか距離を縮められません。

「完璧女子」だからこそ、ギャップは大きな武器になります。方向音痴、甘えん坊、不器用……そのままではネガティブなポイントだとしても、「完璧に見えるけど」という枕詞がつくことで絶妙なギャップへと変化します。

職場ではクールに見せておいて、デートのファッションは意外とガーリーだったり……ギャップに気づけば必勝パターンはいくらでもありますので、まずは自分だけのギャップを探すところからはじめてみましょう。
ハイスペック女子ほど自分に自信があるので、恋愛でも基準が厳しい傾向にあります。年収やルックスなど目に見えるものだけでなく、内面的なスペックにも厳しいため、ちょっと「いいな」と思う男性がいても減点方式になってしまい、恋のチャンスを逃してしまいます。
仕事や趣味が充実している女性の場合、恋愛の優先順位はどうしても低くなりがちです。飲み会や合コンに誘われても「仕事があるから」などと毎回断ってしまうため、出逢い探しのチャンスが少なくなってしまいます。

プライベートが充実しているのはステキなことですが、ふと気づいた時に寂しくなる、ということもありますので、出逢い探しにも少しずつアンテナを張っておきましょう。
完璧女子でもギャップをうまくアピールすることで出逢いのチャンスを増やすことができます。

プライドが高い女性は減点方式をやめることによって男性のいい面に気づけるようになり、自分の弱点も許せるようになるので恋愛以外でも楽になります。

完璧だからこそのギャップに気づいて、あなたも恋愛上手になりましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事