2021.01.26

いつもの自分じゃない!【恋で自分を見失ってしまう】原因って?

恋愛しているときの自分は、普段の自分とは何か違うと感じることってありますよね。
普段だったらポジティブに考えられるようなことでも、恋愛が絡んでくるとネガティブになってしまうという人もいます。

後から考えると、なんであんな行動を取ったんだろうと疑問に思うようなこともありますよね。
そこで、恋で自分を見失ってしまう原因について紹介します。
恋愛すると自分を見失いがちな人は、要チェックですよ。
恋で自分を見失ってしまう人は、恋愛にのめり込んでしまうタイプの人が多いです。
恋をすると優先順位が変わり、今までだったら大事にしてきた自分のルールよりも、恋愛を第一に考えるようになってしまいます。

色んなことに対する視野が狭くなってしまうので、第三者からの意見を聞き入れることができません。
そのため、いつもの自分だったら絶対にしないような判断をしてしまったり、周りの人のことを考えない行動をするようになってしまうのです。
彼氏が出来ると、彼氏に依存してしまい自分では何も考えられなくなってしまう女性もいます。
依存してしまうことが、自分を見失ってしまう原因でもあります。
依存先である彼氏に嫌われたくないあまり、彼氏の言うことを何でも聞いてしまうのです。

明日に備えて毎日 23 時には就寝していたような女性も、彼氏からの夜の電話がないと不安になって眠れなくなってしまうなどの状態に陥ります。
依存すればするほど彼氏に合わせた生活をするようになり、本来の自分の生活からかけ離れた生活になってしまいます。
彼氏との恋愛関係を続けるために、自分が我慢すれば丸く収まると考える女性は多いです。そのような自分を犠牲にした恋愛をしていると、自分を見失ってしまいます。
我慢が必要な場面もありますが、我慢のし過ぎはよくありません。

これをすると彼が不機嫌になるから、こういった発言をすると彼とケンカになるから、などと言った理由で自分を押し殺してしまうことで、本来の自分が分からなくなってしまいます。
自分の意見を曲げないのも問題ですが、自分を押し殺してしまうと自分がどういう人間だったか忘れてしまいますよ。
彼氏の言うことに何でも従いすぎるあまり、コントロールされてしまうことがあります。
知らない間に掌で転がされてしまい、自分を見失ってしまいます。
モラハラをしてくる男性にいつの間にか支配されていたということもあります。

理不尽な要求だったとしても、コントロールされているとそれが変なことだとは気付けません。そのため、普段ならば断わるようなことでも断れなくなってしまいます。自分を見失って、今までだったらどのように行動していたなどを考えられなくなってしまうのです。
彼のことが好きだからと彼とばかり一緒にいると、彼用の自分になってしまいます。

友達や家族など、今までの自分を見てくれる人と話すことで、自分を見失っていた人も自分を取り戻すことができますよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事