2021.01.22

【結婚を前提にお付き合い】その後本当に結婚できる?

それなりの年齢になったり、本気で好きになれる相手に出会ったりすると、結婚を前提にした交際になることが多いですよね。しかし、結婚を前提と言いながら別れる可能性も0ではありません。

実際に、結婚する約束をしながらも結婚せずに別れたカップルも多くいるでしょう。ただ、自分はそうはなりたくないと感じませんか?

そこで今回は、結婚を前提に付き合って本当に結婚まで持ち込む方法について紹介します。
お互いが好き同士で付き合っていたとしても、お互いに何かしらの問題点はあるでしょう。例えば、相手の許せない部分があるなどです。きっと相手にも思うところはありますよね。

そういう不満はできるだけ解消していくほうがいいので、問題点が見つかったらすぐに改善する努力をしましょう。お互いに「こうしたほうがいいかも!」というアドバイスができる関係になれたら素敵ですね。

問題点は改善せずに引きずっているといざ結婚となったときに「でも〇〇なところが…」と引っかかってしまい、結局結婚しなくなることがあるので注意してください。
結婚を前提と言いながらも全く結婚の話が進まないことがありませんか?これは、具体的な話ができていないことが原因でしょう。

どちらかがはぐらかす、どちらとも結婚の話に踏み込んでなかった、結婚の話をしたいけど避けられたら怖いなどの理由から上手く話せていなかったのかもしれないですね。

具体的な話をしっかりしないと、結婚に結びつきません。幸せな未来のための話し合いをして、結婚に素敵なイメージを持てば上手く進むでしょう。
周りを固めると言いますが、これは効果的なものです。自分が相手に「結婚ってどう考えている?」とわざわざ聞かなくても、誰かが「結婚はどうするの?」と言ってくれるからです。

また、家族や友人に紹介しておくと、結婚するとなったときに皆に祝福してもらえるでしょう。ただ、周りに紹介してもらえたという安心感で満足してはいけません。
そこで満足するとまた結婚が遅れるので、そこから結婚の話を進めるようにしてください。
結婚が進まないのは、結婚してもダメな気がする、結婚しても何も変わらない気がすると相手に思わせているからかもしれません。そのため、高め合う二人になることを意識しましょう。

あなたとなら成長できる、いい家族になれると思わせることができたら結婚はすぐ訪れる可能性があります。そのため、相手にとっていい刺激になってくださいね。

また、優しさと思いやりを持ち、優しさを使って高め合うことも大事ですよ!人間力が高い人と思われたほうが相手が結婚したいと思ってくれますね。
結婚を前提に付き合うことを決めたなら、だらだら付き合っている場合ではありません。目標をきちんと結婚に定めて交際し、しっかりと結婚に結び付けましょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事