2021.01.22

気づけばいつも振られてる…その原因とは?

片思いの人にいつも振られる、付き合ってもいつも振られる、私はどんな恋愛をしてもいつも振られてしまうと悩んでいる女性がいませんか?

振られるたびに「なんで振られるのかな?」「何がいけないのかな?」と思うことでしょう。自分なりにも振られる原因を考えていますよね。

しかし、本当に原因が分かっていますか?ちゃんと自分のことを客観視していますか?今回は、いつも振られる原因について紹介しますね。
相手のことが好きになると、片思いのときは「私のことどう思ってる?」「付き合うの?付き合わないの?今すぐ決めて!」と求めすぎてしまうことがありませんか?

付き合っている場合は「こうしてほしい」「いつも私を優先にしてほしい」などのように求めすぎている可能性がありますね。いつもそうなると、相手に自分の気持ちを押し付けているだけになりますね。

「そんなに求められても答えられない…」「何か言われるたびに逃げたくなる…」と相手は思ってしまいますよ。そのうち振られるパターンですね。
例えば、相手が友達と遊ぶ約束をしていたら「私のことはどうするの?」と言ってみたり、仕事が忙しいときに「私のことを考えてる?」と言ってみたりすることがありませんか?

相手は友達と会いたいから遊ぶ約束をしている、仕事が忙しいからあなたの相手ができないことがあるというのを理解しなければなりません。あまりに理解度が低すぎると相手は付き合ってられないと思いますよ。

理解度が低すぎる人は、理解しようとする気持ちさえ持っていないと判断されることがあります。結果的に相手から「俺もこの人を理解できない」と思われて振られるのです。
悪気なく言ってはいけないことを言う人もいますよね。その一言に相手が傷ついてしまうことも少なくありません。

例えば、彼が何か言ったことに対して「うわ、汚い。最悪。」などのように暴言に近いことを言っていませんか?あなたにとっては、何を言っても許されると感じていたり、そこまで悪意を込めていないので考えずに言っていることでしょう。

しかし、相手は言葉で傷つけられるともう会いたいと思わなくなるのです。あなたの中にある愛せない欠点があるため振られるということですね。
いつもイライラした気持ちを相手にぶつけてしまう、相手の行動にイライラして指摘してしまうなどのように、相手と喧嘩することが多くないですか?

片思いのうちはなかったとしても、両想いになると出てくる可能性がありますよね。すぐにぶつかって喧嘩する相手とは、どうしても一緒にいたいと思える相手にはなりません。

別れてもいい、別れたほうが楽になると思わせることが多くなり、いつの間にか振られてしまうのです。
いつも振られて困っている人は、自分が振られる原因を突きとめてみましょう。今度こそ上手に恋愛ができるようになるかもしれないですよ!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事