2021.01.22

気になる人に出す【効果的な脈ありサイン】とは?

あなたが気になっている人に対して、今のところ告白はできなかったとしても、脈ありサインぐらいは出したいと思いませんか?

相手に自分の気持ちが伝わるのは恥ずかしいと思うでしょうが、伝わっていたほうが実際はスムーズに恋愛が運ぶ可能性も高くなります。ただ、好きとは言えない時期もありますよね。

そこで今回は、気になる人にあなたが出す効果的な脈ありサインについて紹介します。気になっていることが上手に伝わるといいですよね。
相手の顔を見るときは、常に笑顔を意識しましょう。「いつも笑ってくれるな…」というのを相手に思わせて「もしかして…」に繋げていくのです。

また、意識的に笑顔を向けるためにも、相手のことをよく見ておきましょう。そして、目があうようにしておくのです。「よく目が合うな…」というのも相手が「もしかして…」と思う要素になるので利用してください。

笑顔を向けてくれる相手に対して、悪い印象はなかなか持ちにくいものです。好きと思われる前の段階から良い印象を持ってもらうためにも笑顔でいるようにしましょう。
気になる人には、話しかけられるのを待っていては脈ありサインが出せないですよね。また、一日何も話せなかったとなるのもダメですよ。

そのため、自分からどんどん話しかけてください。もし、会うことができないのならLINEでもいいのでコミュニケーションをとるようにしましょう。

自分から関わるということで相手は「脈ありなのでは?」と気付いてくれるのです。男性は意外と鈍いのでどんどん関わってみてくださいね。
グループで一緒にいることが多い場合は、近くをキープしましょう。数回近くをキープするぐらいなら、たまたま近いだけと思われるので毎回近くをキープしてくださいね。

わざと「私〇〇くんの隣!」と言って隣に行くのもありでしょう。できないときは、友人に協力してもらって、「ここに座って!」と気になる人の隣を指定してもらうのもいいですね。

近くにいつもいるだけで「これはいけるのかな?」と男性に思わせることに成功する可能性もありますよ!
気になる人のことは、誘ってなんぼです。誘ったとしても、告白するわけではないためまずは二人の思い出を増やしていきましょう。

相手は誘われることが多いことで「もしかして好きでいてくれているのかな?」と考え出すようになります。誘わずに思うだけでは何もならないですよね。

最初はグループデートでもいいですが、徐々に二人だけのデートにして意識していることを態度で伝えていきましょう。
気になる人がいるときは、様子を見るためにも、相手に積極的になってもらうためにも自分から脈ありサインを出していきましょう。どんどん相手の気持ちを引き込むことができたら両想いになれますよ!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事