2021.01.19

挙動不審は好きのサイン?奥手な男性が「本命女性にする態度」

今まさに、奥手な男性に恋をしているという方はいらっしゃいませんか?
「ちょっとだけ心を許してくれたかも…!」と喜んでいたのも束の間、次の日には、よそよそしい態度をとられたり、と戸惑ってしまうことが多いはずです。
そこで今回は、奥手な男性が「本命女性にする態度」を4つご紹介いたします!
奥手な男性は、女性に話しかけられるのが苦手という人が多いのですが、本命の女性となるとそれがより如実に表れてしまいます。
自分から本命の女性に話しかける時には、準備を万全にして、心を落ち着けてから話しかけているのに、突然相手から話しかけられるなんていうシチュエーションになると慌てふためいてしまうのだとか。
「なんかイメチェンした?へぇ…」という風に反応は薄いけれども、あなたの小さな変化に毎回気付いてくれるようならば、その男性にとってあなたは本命の女性であると言えるでしょう。
本当は「イメチェンしたんだ!似合ってるよ!」と全力で褒めたいのに、それがなかなかできないのが奥手な男性。
それでも、「せめて気付いていることだけはアピールしたい!」という気持ちから、せいいっぱいの言葉をかけているそうです。
奥手な男性は、本命の女性に対してそっけない態度をとりつつも、優しく気遣ってくれます。
「それ、やっておくから置いといて」なんて無表情で言われたら、「私の作業が遅くて怒らせちゃったかな…」と心配になってしまいますよね。
しかしこれは奥手な男性なりの優しさで、好意がバレることを避けたいと思うあまりにそっけない態度になってしまうのです。
奥手な男性は、本命の女性と話す時になかなか目を合わせることができないそうです。
前までは目を合わせられていても、女性への思いが強まれば強まるほどに意識してしまい、目が合うだけでドキドキが止まらなくなってしまうのだとか。
男性に全然目を合わせてもらえないと、「嫌われているのかな?」と思ってしまいそうですが、実はその男性はあなたのことが本気で好きであるという可能性も考えられますね。


奥手な男性が「本命女性にする態度」を4つご紹介いたしました。
奥手な男性に恋をすると、「私って嫌われてるの?好かれているの?どっち…!?」と悩んでしまうことが多いはずです。
そんな時には、今回ご紹介したポイントを見返してみてくださいね♪

(ハウコレ編集部)

関連記事