2021.01.28

あんなにアタックされたのに…理想だと言われたのに【振られる理由】は?

「あなたは自分の理想の女性です…」と言われて、素敵な告白をされて付き合ったのに振られてしまうという経験をしたことがありませんか?

「え?理想じゃなかったの?」「理想って言われたから安心していたのに…」と振られたことにビックリして戸惑ったこともあるでしょう。

なぜ理想と言われて付き合ったのに振られる結果になったのでしょうか。いくつかの理由について紹介しますね。
もしかしたら見た目が理想なだけで中身は理想ではなかった可能性があります。付き合う前というのは、確かに中身を判断することができずに見た目だけで飛びつくこともあるでしょう。

彼もそのタイプだったのかもしれないですね。中身を知るごとに「なんか違う気がするな…」「理想だと思っていたけど価値観がズレている…」と思うところもあったのでしょう。

その結果、付き合いを続けることができなくなったのです。トータルで見ることで理想ではなかったということにもなるでしょう。
例えば、結婚をしようと付き合ったときに二人で決めたはずなのに、あなたが自分の好きなようにお金を使っているところを見て「自分のことばっかり…」と相手に思わせてしまったなどです。

最初は理想の相手と思っているため、彼はあなたとなら結婚生活も素敵なものになると考えていたことでしょう。

しかし、あなたの行動を見ていると理解できないものが多く、結婚の約束なんて守れないという気持ちになり振ったという可能性もありますよ。
いくら彼にとって理想の人だったとしても、あなたにも悪いところがあるでしょう。
そこを指摘されたときは、彼があなたに変われるチャンスを教えてくれたときになります。

しかし、あなたは自分の悪いところをいつまでも変えることができずに何度も彼に同じことを言わせたことがありませんか?そうなると彼も疲れてしまいますね。

「もっと他にいい人がいるのかもしれない」と感じてあなたから離れていくのです。彼も自分の時間を無駄にしたくないのでしょう。
理想のあなたと付き合えた彼は、とても真剣にあなたと向きあって付き合おうと思っていたはずです。それなのに、あなたが自分を優先にしてしまい、彼との付き合いを適当にして締まった可能性もあるでしょう。

あなたなりに本気で付き合い、向きあったのかもしれませんが彼には足りなかったという可能性もあります。

もっと二人のことを考えないといけなかったのに、自分のことばかりになっていたかもしれないですね。
付き合うときに相手から理想と言われると、その言葉に満足したり安心したりすることでしょう。しかし、理想と言われたことに対して大きな気持ちでいてはいけません。付き合ってからも「やっぱり理想!」と思われることが大事ですよ!
(ハウコレ編集部)

関連記事