2021.02.01

【前もっての話し合いが大事◎】結婚前にお互い知っておくべき結婚観って?

結婚生活をしてみて、こんなつもりじゃなかったと後悔している女性もいるでしょう。理想と現実は相容れないもので、結婚に夢を抱いていた女性ほど、現実の生活に打ちのめされることがあります。

こんな人だと知っていたら結婚しなかったのに!と思うこともあるでしょう。結婚してから後悔しないために。先に意見を交わしておくことは大切です。そこで、結婚前にお互い知っておくべき結婚観について紹介します。今の彼と結婚したい女性は参考にしてみて下さ い。
お互いに育ってきた家庭環境が違うため、自分の家の様な家庭を気付きたいと思っても、言葉にしないと相手には想像できません。そのため、どんな家庭を築いていきたいか、知っておいた方がよいでしょう。

困ったことがあれば家族全員で解決する家、いつでも笑いが絶えない家など思い描いている理想があるはずです。お互いに話すことにより、二人で同じ目標に向かって家庭を作っていくことができます。ここで意見が分かれてしまった場合、相手と結婚するかの判断を付けることもできます。
結婚した場合お互いの両親との付き合いはどのようにしてきたいかも、事前に話し合っておいた方が良いです。彼氏の親へのお礼や連絡は彼氏からする、お礼はお互いの相手の親にするようにするなど、相手が何を考えているか知っておくと、自分の考えと違っても対処できます。

結婚した後、相手が自分の親ばかり優先するような行動をすることもあります。家の遠い近いはあったとしても、いざ結婚してどちらか一方だけを優先するようにならないように、先に彼氏の結婚観を知っておきましょう。
奥さんが専業主婦か共働きかで変わってきますが、家事の分担をどの程度奥さんにしてもらいたいと考えているのか知っておくと、結婚してから困りません。掃除は得意だからしたいけれど、料理は苦手だからしてほしいなど、彼の意見を聞きましょう。

もし、お互いに苦手なことがあるのならば、今のうちに二人ともできるように一緒に頑張りましょう。共働きしながらも家事は 100%やって欲しいというようなことであれば、この人とは結婚できないと踏み切ってみてもいいでしょう。
結婚した後で、子供が欲しいかどうかを話し合っておいた方がいいでしょう。あなたは絶対に子供が欲しいと考えているのに、彼氏はずっと二人だけで生活していきたいと思っているかもしれません。

結婚生活において子供が欲しいかどうかは大きな問題となってきます。先にお互いの意見を伝えておくことで、結婚後の生活プランも変わってくるでしょう。もし、この意見が合わないのであれば、結婚はしない方がいいでしょう。
結婚観はすべてが一緒じゃなくてもいいです。結婚生活はお互いの歩み寄りなのですから。

しかし、絶対にここが譲れないという部分に相違があった場合、結婚するかどうか考えた方がいいでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事