2021.02.03

興味なかったはずなのに…!【他人に興味ない人】が恋に落ちるときって?

他人に興味がない人は、恋愛をしない人と見られることもあるでしょう。
確かに、自分でも恋愛感情がわきにくいことは理解しているはずです。
そのため、なかなか恋愛に発展しないこともあるでしょう。

しかし、他人に興味がないからといって、完全に恋愛ができないとは限りません。
ちょっとしたきっかけだけで恋愛に発展することもあり得ます。

そこで今回は、他人に興味がない人が恋に落ちる瞬間とはどんな瞬間なのかを紹介します。
他人に興味がないということは、その人と接したときに相手は感じるものです。
「あ、この人はちょっと冷めたところがあるな…」と思われることが多いでしょう。

そのため、多くの人は他人に興味がない人とは一線を置いて深く関わろうとしません。
しかし、中には真剣に関わってきてくれる人もいるのです。

その真剣さに心惹かれて、他人に興味がないはずなのにその人には興味が出て恋に落ちるということもあるのです。
他人に興味がない人に対して、「冷たい、感じ悪い」と思う人が多いため、誰も優しくしてくれないという経験をしてきていることもあるでしょう。

しかし、皆が離れていくのに、自分に対して真剣に怒ってくれたり、励ましてくれたりする人がいたら恋に落ちます。

その人の本当の優しさを知り、興味がない気持ちを溶かしてくれるのです。
また、人の優しさに触れたことで人を信じる気持ちも生まれているからこそ恋に落ちるのでしょう。
例えば、皆で飲みに行く計画を立てたとき、他人に興味がない人のことなんて誰も誘わないということが多いでしょう。
しかし、その中で「一緒に行こうよ!」「あなたもおいでよ!」と誘ってくれた人がいたとします。

そして、実際に飲みの場では自分を気にかけてくれてずっと一緒にいてくれたとしたら、他人に興味がない人でも恋に落ちるでしょう。

初めてこんな風に接してくれる人がいたということに胸がときめいて仕方なくなるのです。
普通は、周りよりも特別扱いをしてくれる異性に対して恋に落ちるものですが、他人に興味がない人は周りと平等に接してくれたときに恋に落ちることがあります。

なぜなら、普段から周りと違う待遇をされているため、ある意味特別扱いを受けているのです。
その中で皆と変わらない態度で平等に接してくれる人がいたら「私なんかに…」と感動する気持ちが出てくるのでしょう。

平等に接してくれることが嬉しくて、自分のことを普通の人だと感じることができるため、そんな相手のことを重宝したくなる気持ちになるのです。
そこから恋が芽生えるのでしょう。
いくら他人に興味がないとはいえ、恋愛する瞬間が訪れるときはあります。
もし、他人に興味がない人を好きになったときは、接し方を考えてみてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事