2021.02.03

そういうところが嫌!!【無神経な恋人】にぎゃふんと言わせる方法

無神経な恋人と付き合っていると、イライラすることが多く「この人にぎゃふんと言わせたい!」「どうにか無神経なことを分からせたい!」と思うこともあるでしょう。

無神経な人と一緒にいると、好きという気持ちよりも相手を負かしてやりたいという気持ちのほうが強くなることもありますよね。

そこで、無神経な恋人にはどうやってぎゃふんと言わせるのがいいのかについて紹介します。
まずは、会うのを控えるようにしましょう。無神経な恋人でも、付き合っているということはあなたのことが好きなはずです。そのため、「〇〇行こう!」と誘ってくることも多いでしょう。

そんなとき、「仕事だから会えない」「友達と約束しているから会えない」など理由をつけて断ってください。無神経な恋人は、思い通りにならないことが嫌いなのでそこでイライラしてくるはずです。

それでも会う時間をなるべく作らないようにして、会えない状況にしましょう。会うのを控えたほうが「なんでかな?」と考えさせることができますよ。
態度で示しても全く伝わらないときは、「あなたの無神経なところが本当に嫌い!」と伝えましょう。この時点であなたは別れてもいいぐらいの気持ちになっていませんか?

別れる覚悟で伝えていいのです。無神経な恋人は、おそらく今まで誰にもはっきりと言われたことがないため、自分が無神経なことに気付いていません。

一番好きな恋人に「無神経だ!」「嫌いだ!」と言われるとダメージをしっかりと受けることでしょう。
無神経な行動をするたびに「その行動どうなの?私はないと思うよ!」「そういうの本当にやめて!」と全否定しましょう。

その代わり、優しさが見えたときや気を遣ってくれたときは「ありがとう。嬉しい。」と言葉にするのも大事です。

全否定すべきところで全否定すると、相手はイライラして態度が悪くなることもあるでしょう。そんな時は「その態度も無理。」と否定してください。そこまでしないと分からないのです。
最終的には、ぎゃふんと言わせるために一番いいのが別れを告げることです。「もう別れたい」「今まで何度も指摘しても変わらないからもういい」と本気で言いましょう。

無神経な恋人は、あなたがいないとダメになっています。自分を分かってくれると思っていたあなたが離れることに恐怖を感じるでしょう。

そこで初めて自分が悪い部分と向き合うことができるのです。ただ、簡単には変われないので復縁できるかはきちんと見極めてくださいね。
無神経な恋人は、もしかしたら無神経な家庭で育った可能性があります。そのため、本当に何もわかっていないところがあるでしょう。無神経さにイライラして我慢できなくなったら別れるのも手ですよ!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事