2021.01.26

ちゃんと伝えてますか?長く付き合っていても《忘れてはいけない》こと

彼とのお付き合いが長くなり、「一緒に居るのが当たり前のような存在になっているかも…」なんてことはありませんか?
親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、どんなに仲がよくても大切にすべきことがあるようです。
今回は、ずっと彼とよい関係で居るために、忘れないでいたいことをご紹介していきます。
彼のことを積極的に褒めることも、大切にしたいことのひとつです。
長く一緒に居ると相手のほとんどを知ってしまい、「褒める」という機会が減るかもしれません。
しかし、普段のちょっとしたことにも目を向けて、よいと思ったところは積極的に褒めてあげましょう。
そうすることで彼の自尊心が満たされ、よりいっそう居心地のよさを感じてもらえるかもしれません。
自分の話をすることが多く、彼の話をあまり聞いていないかも…なんてことはありませんか?
長く一緒に居たいと思ったとき、彼の話にもしっかり耳を傾けてあげることはとっても大切です♡
彼が「今日はこんなことがあってね」と話をしてきたら、最後まで話をきいてあげましょう。
自分の話にすり替えるといったことは控えて、聞き役に徹することで、彼が「話をきいてもらえた」と安心感を得ることにつながります。
一緒にいる時間が長くなっても、感謝の気持ちは忘れずに伝えましょう。
「いつもありがとう♡」とこまめに伝えることで、おたがいが毎日を気持よく過ごせることでしょう。
ちょっとしたことにも感謝を伝えて、彼の気持ちを満たしてあげて。
一緒に居る時間が増えると、以前より見た目に気を遣わなくなったなんてこともありますよね。
しかし彼の気持ちを離さないためにも、自分磨きはずっと続けるようにしたいところです。
「手抜いてるな」と思われないためにも、いつまでも美しくいる意識を持つことが大切です。

長く付き合っていても忘れてはいけないことは意外と多くあるようです。
普段からよい関係を築くことを意識して、長くラブラブで居られるようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事