ケチな彼氏

2021.02.04

超ショック!デート代ですら【ケチな彼氏】の特徴って?

 
無駄なお金を使わなかったりお金を大切に使っているという言い方をすれば、誰が聞いても立派に聞こえますが、使うべきところで使わずに異常なまでお金を出すことを渋られてしまうと彼女としてやっていけなくなります。
 
付き合っているパートナーとして結局自分がお金を出す機会も多くなってしまったり、彼に合わせていたら楽しいということを感じなくなることもあるでしょう。今回はデート代ですらケチな彼氏の特徴についてご紹介していきます。
 
彼氏彼女の誕生日だとディナーをするのであればすこし位の高いレストランであったり普段行かないような料理屋に行って少し贅沢をするのが一般的ですが、ケチな彼氏は誕生日の日にもケチなので高い所には行きません。
 
行ったとしてもチェーン店かファストフード店で1000円以内に収める方が多いようです。奢りなのであればまだ許せたかもしれませんが割り勘だった時は良い気持ちにはならないでしょう。
 
彼とデートに行くときいつも同じような場所でデートをしている方もいるのではないでしょうか。自分が行きたい所を言ったとしても彼の持っている定期ではいけないからといって断られたことのある方もいるようです。
 
少し違うところにいくくらい数百円で済むのにそれすらも払いたくないということを聞いた瞬間に気持ちが冷めてしまっても仕方ありません。
 
定期券を理由にされて彼と行きたいところへいけないのであれば、定期券外にも行ってくれる彼氏を探しましょう。彼女とデートへ行く価値は数百円以下なのでしょうか。
 
一緒に居酒屋へ飲みに行ったりご飯を食べに行くとき割り勘なのは気にしていないという女性も多いですが、少しドライブをしただけなのに総距離からガソリン代を計算して割り勘にしてくる男性も中にはいるようです。
 
旅行をして遠出をしているとかであればまだ分かりますが、少しの距離でもガソリン代を請求してくるのはガッカリというよりもびっくりするでしょう。
 
運転してくれたから文句はありませんが次の彼氏はそのくらいでガソリン代を請求してこない方にしましょう。少しくらい気にしない性格であればお互いにリラックスしながらデートをすることもできます。 
 
デートで外食するときには安い所へ入って彼氏が奢ってくるけど、スーパーなどで買い物をする時は自分が払っているのに高い食材を入れてくるという方もいるようです。
 
普段奢っているからこのくらい買って当たり前だと考えているのかもしれませんが、外食するよりも高くなっている場合もあるでしょう。普段節約生活をしている身からすれば嫌な気持ちになりますよね。
  
今回はデート代ですらケチな彼の特徴についてご紹介しました。お金をよく使う浪費家の彼氏と節約しすぎる彼氏はどっちが少ないストレスで付き合えるのでしょうか。
(ハウコレ編集部)

関連記事