2021.02.05

【素直になれない…!】好きと伝えられない原因って?

好きな人に「好きと伝えよう!」「もう告白したほうがいい!」と何度も何度も思うのに伝えられないことがありませんか?

一人で考えているときは、「明日伝える!」「こうやって呼び出して、こうやって伝えて…」などのように意気込んだりシュミレーションしたりすることも多いでしょう。

しかし、いざ当日になると「やっぱりやめとこう…」「やっぱり今日じゃないや…」と伝えたいのに伝えられなくなることもありますよね。その原因について見て行きましょう。
まず、自分が好きと伝えたところで「冗談でしょ?」と言われたり、「うそー!」と笑われたりするのではないかという不安がありませんか?そもそも相手にされないのでは?と思ってしまいますよね。

そこを考えてしまうことで、好きと伝えようと思っても躊躇してしまうのです。好きと伝えて、振られたとしても告白を聞いてくれて受け入れる気持ちを持ってくれるなら別です。

しかし、相手にされなかったらどうしようという不安が出るということは、恋愛対象になれている自信もないのでしょう。そのため、伝えることができないのです。
「よし、今伝えよう!」「せっかく二人きりになっているのだから今がチャンスだ…」などのように感じるときもありますよね。

しかし、チャンスを目の前にしているに伝えることができません。これは、緊張してしまうことで言葉が出なくなっていることが原因です。あまりにも告白を意識しすぎているので無言になることも多くなるでしょう。

緊張するのは普通のことですが、普段の生活の中でそこまで緊張することもないため、言葉が出なくなったときに対応ができなくなりますよね。
「さぁ、告白の時期だ!」「次に会ったときは好きって伝えるんだ!」などのように決めていても、その後に相手に好きな人がいる、相手には実は彼女がいるなんてことが分かったら伝えられなくなりますよね。

これは、好きと伝える前の段階でのリサーチ不足になります。自分の気持ちばかりで彼の状況が見えなくなっていたのかもしれないですね。

相手に恋愛対象がいても自分の気持ちを知ってほしいと強く思わないと伝えられないでしょう。相手の恋愛対象の人のことも考えてしまいますよね。
もし、自分が好きだということを伝えたら、相手はどう思うのか?明日から相手の態度が変わってしまうのではないか?などのように、伝えた後のことを考えて怖くなり伝えられないというパターンもあります。

例えば、今の関係もそこそこ良くて、可愛がってもらっていると自覚することができるなら、尚更その関係が崩れるかもしれないと思って怖くなりますよね。

好きと伝えたい気持ちはあっても、行動に起こせなくなり結果的に言えない日々が続くのです。
今好きな人に好きと伝えたい気持ちがあるのなら、その気持ちを大事にして行動してみませんか?好きと伝えたいというところまで気持ちが高まっているのならチャレンジしてみるのもおすすめです!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事