2021.02.05

これが仲良しの秘訣です♡カップル間で【あるといいルール】とは?

付き合っているだけなのにルールは必要なの?と思う人もいるでしょう。結婚したり、同棲したりしているとルールはあったほうがいいと感じますよね。

しかし、カップルは付き合っているだけなのにルールを設定すると堅苦しい付き合いになる、付き合いにくくなると感じることがあるでしょう。

確かに、何でもかんでもルール化されるのは違いますよね。ただ、あると便利なルールもあるので紹介します。
どれだけ仲が良いカップルでも喧嘩をすることがあるでしょう。もしくは、喧嘩ばかりしているカップルもいるはずです。

喧嘩したときは、仲直りをするのが大変ですよね。仲直りできないでいると最悪の場合別れが訪れることも考えられます。そのため、「次の日には仲直りをする」「お互いに必ず謝る」というルールを設けておきましょう。

喧嘩するのが悪いことではなく、いつまでも仲直りができないのが悪いことですよね。仲直りのルールがあれば意地を張りすぎることもなくなるでしょう。
付き合うときに、「どんなときも思いやりを持つことを忘れない!」というのをルールにするのもおすすめです。思いやりがあれば、とても素敵なカップルになれるでしょう。

思いやりがなければ自分勝手なことばかりしてしまう可能性もあります。どちらかが自分勝手になってしまうと、どちらかに負担になってしまい別れも訪れやすくなります。

ついつい甘えで自分勝手になってしまうこともありますが、だからこそ思いやりを持つことをルールするのが大事ですよね。
何かあれば一人で抱え込まずに二人で話し合おうというルールもおすすめです。これは、どちらとも何かあったときに「彼氏に話そう」「彼女に話そう」という気持ちになるため信頼度が上がります。

ただ、これは隠し事をしてはいけないというものではありません。何でも話さないといけないというものでもないのです。

二人で信頼を築き、二人のペースを保つための話し合いのルールなので、言わなくていいことまで全て言う必要はありません。
連絡をルール化するというのは、あまり向いていない人もいるでしょう。しかし、どちらかが連絡しているのにどちらかが連絡しないカップルは、連絡しているほうが不満を持ちやすくなります。

「連絡がきたら5分以内に返す!」「離れているときはいつも連絡をする!」というルールは到底守ることができないのでルール化しなくていいでしょう。

しかし、「おはようとおやすみ」は連絡する、仕事終わりは連絡するぐらいのことは決めておくと毎日安心できるはずですよ。
カップルの間にもルールがそれなりにあると付き合いが安定することがあります。付き合っていくうちにルールが決まることもあるでしょう。安心した付き合いや信頼できる付き合いに繋げてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事