2021.02.09

職場恋愛はこんな点に注意!【デメリット】を覚えておこう!

漫画などで描かれることも多いため、職場恋愛には憧れを抱いている人も多いでしょう。彼氏がいない学生の中には「就職したら職場の素敵な先輩と大人の恋をする!」や「職場の違う部署の人と合コンを開きたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

実際、社会人になると自由になる時間や出会いの機会が減ってくるため、同じ職場での恋愛や取引先との恋愛などの職場恋愛は増える傾向にあります。しかし、会う機会が多いからこそ難しいのが職場恋愛です。

憧れだけの軽率な気持ちで職場恋愛を始めてしまうと「こんなはずじゃなかったのに!」とストレスを溜めてしまう結果になることもあるでしょう。

では、職場恋愛はどんな点に注意すれば良いのでしょうか。職場恋愛を始める前に知っておきたいデメリットを3つ覚えておきましょう。
顔を合わせる機会の多い職場恋愛ですので、当然ながら喧嘩してしまうと気まずくなってしまいます。話したくないほど怒っている場合でも、仕事のためには話さなければならないこともあるでしょう。もちろん、相手を怒らせてしまった場合でも話しかけれなければならないケースもあります。

「同じ環境で過ごして喧嘩したから話さない」ということが通用するのは学生までです。社会人になると、周りの人に迷惑をかけないように行動しなければならないので、喧嘩をしてもいつも通りに働くことが大前提になります。周りには見せないようにしていても、どうしても気まずくなってしまうのが職場恋愛のデメリットだと言えるでしょう。
喧嘩をしたことが周りに伝わってしまうと周りに気を使わせるのはもちろんのこと、そもそも職場恋愛は付き合った段階で周りに気を使わせてしまう恐れもあります。

周りの人の性格や職場の雰囲気によっては、付き合ったことを知られた段階で腫物扱いされてしまうケースもあるでしょう。

そのため、職場恋愛は結婚するまで周りに知らせないというカップルも少なくはありません。ただし、どんなに隠しているつもりでも二人の親密度が伝わってしまい、いずれにせよ周りを疲れさせてしまう恐れがあることは覚えておかなければなりません。
長時間一緒にいられて、同棲をすれば名実ともに24時間一緒にいることもできるのが職場恋愛です。寂しがり屋同士の恋愛としては最高の恋愛だと思われがちですが、実は長い時間を一緒に過ごすからこそ飽きてしまい、付き合って早々に新鮮さがなくなってしまう恐れもあります。

プライベートと仕事の二つの面を見るからこそ、相手を見飽きてしまい「やっぱり別れたい」と感じることも多いでしょう。結婚を考えるほど付き合いが成熟する前に相手に飽きてしまうと、別れを選んでしまうのも無理はないことなのかもしれません。
憧れを持つ人が多い職場恋愛ですが、職場でイチャつくなど周りを疲れされてしまう恋愛はもってのほか。あなたと相手の仕事上の評価も悪くなってしまう恐れがあります。

決して悪いことではなくメリットも多い職場恋愛ですが、実際に始める際には節度を持つことを常に意識しながら楽しんでくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事