2021.02.09

【脱・干物女】自分の恋愛スイッチをONにしよう!

一人で過ごす時間が長くなればなるほど、恋愛が面倒になってくる人は多いと言われています。誰かのために着飾って外でデートするよりも、誰にも見られない格好で家の中でのんびりと過ごす休日の方が楽しいと思う人もいるのではないでしょうか。

誰かの趣味に合わせたり、誰かを趣味に付き合わせて気を使ったりするよりも、昔からの女友達と過ごした方が楽しいと感じることも多いでしょう。

もちろん、結婚願望も恋愛願望もなく、そうした生活をするのも決して悪いことではありません。

しかし「いつかは結婚したい」という気持ちが少しでもあるのなら、「干物女」の期間が長いのは好ましくありません。早々に自分の恋愛スイッチをONにする方法を把握しておきましょう。
恋愛スイッチは誰かの影響でONになることが多いスイッチです。身近に恋愛をしている人がいれば、そのノロケを聞くことで「自分もそんな恋をしたい」と思えることもあるでしょう。

しかし、なかなか都合良くそんな相手はいないもの。そんなときには、恋愛映画を見たり恋愛漫画を読んだりして、恋愛の追体験をすることで恋愛スイッチをONにしましょう。

大人になればフィクションの世界のような恋愛はできないと分かっていても、素敵な恋愛をしたいという気持ちは湧いてくるでしょう。自分の好みのヒーローと結ばれる漫画を読むのもおすすめです。
恋愛スイッチは待っているだけではなかなかONになりません。自分から動いて恋愛スイッチをONにするためには、とりあえず合コンや街コンに出かけてみるのも良いのではないでしょうか。

合コンや街コンで実際に出会いを探している人と会うことで、恋愛スイッチがONになるかもしれません。もしくは、自分好みの人に一目惚れして急に恋愛モードになる場合もあります。近所で開催されている合コンや街コンを探してみてはいかがでしょうか。
友達に顔が広い人がいれば、その人に異性の友達を紹介してもらうのもおすすめです。長年の付き合いの友達だからこそ、あなたの好みも分かっているはず。

そんな人に紹介してもらえば、恋愛スイッチも急激にONになって素敵な恋もできるでしょう。彼女を探している男性を知ってそうな人、あるいは女友達を探している男性の知り合いがいそうな人に声をかけてみると、素敵な出会いが待っているかもしれません。

誰かと知り合って今までにない刺激をつけることで恋愛スイッチがONになる可能性は高いので、頼んでみましょう。
恋愛をせずに一人で趣味や仕事にだけ生きる生活は、少し寂しいこともありますが自由を謳歌できる楽な生活です。そうした生活に慣れ過ぎてしまうと、なかなか恋愛モードに入ることができません。

時には、誰かと仕事以外で会うことが億劫になってしまうこともあるでしょう。しかし、いつか結婚したいのであれば一人の楽さに慣れてはいけません。

少し不自由でも、心に積極的にトキメキを与えて自分の恋愛スイッチをONにしていくことが重要です。素敵な出会いを能動的に探してみるのも楽しいのではないでしょうか。

(ハウコレ編集部)

関連記事